富士通、Windows統合ICT基盤の構築支援サービスを提供開始……Windows 8、Windows Server 2012対応 | RBB TODAY

富士通、Windows統合ICT基盤の構築支援サービスを提供開始……Windows 8、Windows Server 2012対応

 富士通は4日、マイクロソフト社の最新OSであるWindows Server 2012、Windows 8で強化された仮想化機能やセキュリティ、新ユーザーインターフェイスなどを活用した新しいICTシステムの構築支援サービスを発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
Windows統合ICT基盤の構築支援サービスの概要
  • Windows統合ICT基盤の構築支援サービスの概要
 富士通は4日、マイクロソフト社の最新OSであるWindows Server 2012、Windows 8で強化された仮想化機能やセキュリティ、新ユーザーインターフェイスなどを活用した新しいICTシステムの構築支援サービスを発表した。

 最新OS環境の短期間かつスムーズな導入を支援するもので、「Windowsデスクトップ環境最適化支援サービス」「Windowsプライベートクラウド構築支援サービス」「Windowsハイブリッドクラウド構築支援サービス」「Windowsストアアプリ開発支援サービス」より構成される。

 Windows Server 2012では、運用負荷がかからない高度なプライベートクラウドの構築が可能なほか、ハイブリッドクラウドもより容易に実現できる。また、Windows 8では従来のシステム資産を活かしつつ、タブレット操作を可能とする。さらに両者を組み合わせることで、デスクトップ仮想化・アプリケーション仮想化の機能を
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top