【画像】専用チップで高速化とディスク使用量の削減を両立した3PARの仮想ストレージ「InServ Tクラス」 (1/5)| RBB TODAY

専用チップで高速化とディスク使用量の削減を両立した3PARの仮想ストレージ「InServ Tクラス」 1枚目の写真・画像

エンタープライズ その他

関連ニュース

 米3PARは10日、仮想化ストレージ「3PAR InServ T400」と「3PAR InServ T800」(InServ Tクラス)を発表した。ディスク使用量の削減と前モデルの2倍とする高いパフォーマンスを両立しているのが特徴だ。
 米3PARは10日、仮想化ストレージ「3PAR InServ T400」と「3PAR InServ T800」(InServ Tクラス)を発表した。ディスク使用量の削減と前モデルの2倍とする高いパフォーマンスを両立しているのが特徴だ。

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  2. リアルタイムでPCから視聴できる業務用ドライブレコーダーが登場

    リアルタイムでPCから視聴できる業務用ドライブレコーダーが登場

  3. 通り抜けできる「空中ディスプレイ」がついに実現

    通り抜けできる「空中ディスプレイ」がついに実現

  4. 産業廃棄物の追跡と資源物の持ち去り対策……リアルタイム追跡型GPS発信機

  5. 空中に3D映像を投影するディスプレイ「ハプトミラージュ」を開発 慶大

  6. NTTPC、法人向け無線接続ソリューション『Master'sONE 無線LANサービス』提供開始

  7. ソフトバンクBB、法人向けSaaS版リモートデスクトップソフト「Splashtop Business」提供開始

  8. 【SXSW2015】日本も負けてない……トレードショーで見たイノベーション

  9. 日立、ボリューム容量仮想化機能を標準搭載したディスクアレイ「AMS2010」を発表

  10. 【IT資格を考える(Vol.2)】セキュリティスペシャリストへの基礎資格「CCNA Security」

アクセスランキングをもっと見る

page top