3PAR、InServストレージ・サーバ向け管理ツール「3PAR InForm Management Console」最新版を発表 | RBB TODAY

3PAR、InServストレージ・サーバ向け管理ツール「3PAR InForm Management Console」最新版を発表

 3PAR(スリーパー)は8日、同社製ストレージ向け管理ツールの最新版「3PAR InForm Management Console」を発表した。3PAR InServストレージ・サーバの全モデルに搭載される。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「3PAR InForm Management Console」画面
  • 「3PAR InForm Management Console」画面
  • 3PAR InServストレージ・サーバ(Fクラス)
 3PAR(スリーパー)は8日、同社製ストレージ向け管理ツールの最新版「3PAR InForm Management Console」を発表した。3PAR InServストレージ・サーバの全モデルに搭載される。

 最新版では、ディザスタ・リカバリ(DR:災害対策)に必須となるリモート・レプリケーションの構成や管理がより簡素化され、かつストレージ環境全体の管理もよりシンプルに使いやすくなったのが特徴。最新版の導入により、3PARユーティリティ・ストレージのユーザーは、 ディザスタ・リカバリ用途等で遠隔地に設置しているストレージに対し、簡単に自律階層化の設定や構成が行えるようになる。またストレージ管理者は、リモート・レプリケーションに使用中のシステムをはじめ、ストレージシステム上のすべてのInServアレイを、画面のウィンドウ1つで一元管理できるようになる。

 InForm Management Consoleと、3PAR Remote Copyソフトウェアが統合されることで、ディザスタ・リカバリ用途で遠隔地に置いているディスクに対し、自律階層化を設定できるようになる見込み。ユーザーはInServ T-クラスやF-クラス、あるいは任意の3PARアレイの組み合わせに対するリモート・レプリケーションを、1つのウィンドウから、迅速にかつシンプルにセットアップできる。なおInForm Management Consoleは、3PARのストレージ用アプリケーション・ソフトウェア(3PAR Thin Provisioning, Virtual Copy, Dynamic Optimization,
Virtual Domainsなど)に完全に統合されているとのこと。

 InForm Management Consoleは、3PAR InForm オペレーティング・システムの一部として提供される。3PAR Remote Copy, Thin Provisioning, Virtual Copy, Dynamic OptimizationならびにVirtual Domainsは、いずれもオプションとなる3PARソフトウェア製品で、それぞれ有償。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top