日本HP、ハイエンドストレージ最新モデル「HP P10000 3PAR Storage System」発表 | RBB TODAY

日本HP、ハイエンドストレージ最新モデル「HP P10000 3PAR Storage System」発表

エンタープライズ ハードウェア

HP P10000 3PAR Storage System
  • HP P10000 3PAR Storage System
  • スぺック
 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は1日、仮想化、クラウドデータセンター向けハイエンドストレージ「HP 3PAR Storage System」の最上位モデル「HP P10000 3PAR Storage System」を発表した。

 「HP P10000 3PAR」は、ハードウェアの刷新や第4世代ASICの搭載などにより、従来モデル(HP 3PAR T-Class)に比べ、最大容量を2倍、パフォーマンスを1.5倍に向上するとともに、HP 3PAR独自のシン・プロビジョニング機能「Thinテクノロジ」の処理性能も高速化させた製品。コントローラー1台あたり2つのASICを搭載しパフォーマンスを大幅に向上させ、スループット重視のI/Oとレスポンスタイム重視のI/Oが混在した環境でも両方の性能を最大化する事が可能。

 また新たに「Peer Motion」ソフトウェアを追加し、従来型ストレージのように拡張時や設定変更時にベンダーのサービスの購入を必要とせずに、管理者自身で拡張や設定変更ができるようになっている。HP 3PAR同士を直接つないでデータ移行を行うことが可能。基本OSには最新のInForm3.1.1を搭載し、パフォーマンス効率化を支援する多数の機能追加および機能拡張が施されている。ヴイエムウェアの最新仮想化プラットフォーム「VMware vSphere 5」との連携機能を備え、ストレージの管理性を向上できる点も大きな特長となっている。

 最大容量1.6PBのハイエンドモデル「V800」と800TBのスタンダードモデル「V400」の2機種がラインアップされる。価格は、V800が25,294,500円、V400が15,382,500円(いずれも税込)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top