齊藤京子、ヒコロヒー熱愛記事の印象操作をバッサリ「盛りに盛ってる」本人も全否定  | RBB TODAY

齊藤京子、ヒコロヒー熱愛記事の印象操作をバッサリ「盛りに盛ってる」本人も全否定 

エンタメ その他
齊藤京子【撮影:こじへい】
  • 齊藤京子【撮影:こじへい】
【PICK UP】

 日向坂46・齊藤京子が、12日放送の『キョコロヒー』(テレビ朝日系)で、ヒコロヒーの熱愛記事に言及した。

 ヒコロヒーは昨年掲載の『FRIDAY』誌上で、お忍び食事デートが報じられた。お相手は誌面によると「俳優の玉木宏を少しエグザイル系にした男性。ワイルドなイケメン」とのこと。

 これについてヒコロヒー本人は「ほんとにこれ、ただの後輩やねん」と釈明。さらに「なんで玉木宏さん、一回EXILEに入れんねん」とツッコミを入れた。

 また彼女は後輩と食事していた経緯として、ある先輩と一緒に食事しようとしたものの、先輩から仕事で遅れるという連絡が来たという。そこでお腹も空いていたため、一緒にいた後輩と先に食事を済ませていただけなのだとか。この後、先輩から「『仕事が終わって家帰ったよ』って言うから、(家に)行きますって行っただけ」と説明した。

 すると齊藤は誌面に書かれている「しっとりと肩を寄せて歩くヒコロヒー。二人はそのまま、近くのマンションへと入って行ったのだった」という記述について、「それは単に(お互いの距離が)近かっただけってことですか?」と質問。

 すると、その記述にあたる該当写真についてヒコロヒーが「この写真やろ?」と指摘。だが特に肩を寄せているわけでもなく、普通に並んで歩いている1枚だったため、齊藤は「あれだったとしたら、盛りに盛ってますよね」と記事の“印象操作”に苦言を呈していた。
《杉山実》
【注目の記事】[PR]

特集

page top