齊藤京子、インパクトある一人称を考える企画でゲラ発動! | RBB TODAY

齊藤京子、インパクトある一人称を考える企画でゲラ発動!

エンタメ その他
齊藤京子【撮影:こじへい】
  • 齊藤京子【撮影:こじへい】
【PICK UP】

 日向坂46・齊藤京子が、1日放送の『キョコロヒー』(テレビ朝日系)で、笑いが止まらない事態が起きた。

 この日は、バラエティー番組に出演した際、印象に残る方法として「インパクトのある一人称を考えよう」という企画が行われた。ヒコロヒーは「わし」と言うが、他にはmisonoが「うち」、最上もがが「ぼく」、ビートたけしが「おいら」というようにそれぞれ特徴的。

 そんな中、まだ誰も使っていない一人称を発見。それが、公家が使う「麻呂」と、警官などが使うという「本官」。この「本官」という呼び名に齊藤はツボに入ってしまったのか「ハハハハハハハ!」と大爆笑。「本官!……本官!……」と、腹を抱えて大笑い。

 抱腹絶倒の中、ヒコロヒーが「ちょっと京子、やってみて」と「本官」を使ってみてと言われると、「無理、無理!無理!無理!この状況、無理!」と笑いが止まらずに断固拒否。それでもヒコロヒーから話を振られると、「本官は…」と言いながら自分で大笑い。

 さらに後半では、ヒコロヒーが、バラエティー番組に出た時に「本官」を使うタイミングとして「今日、なんにもない。なんも爪痕残せてないという時は言って」と求めると、齊藤は「確かに」と納得。「『たまに使うんです』とかウソついてもいいんですよね。ウソついちゃおう」と決意。

 続けてヒコロヒーが、架空の番組を設定し実戦練習。その中で「本官」と名乗った齊藤に対し、「本官ってなんなん?日向坂の子やろ?あれ警察などが使うやつやで」と責め立てると、齊藤は、「皆さんが『私』と言っているところを(私は)『本官』と呼んでいます」と答えながら、「OK!完璧!」と、なぜか手応えをつかんだよう。

 これに触発されたのか、ヒコロヒーは「私もめっちゃ切羽詰まったら『麻呂』って言う」と語り、笑いを誘っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top