乃木坂46・松村沙友理、「怖くて泣いていた」AKB48の公式ライバルとしてステージに立ったときの恐怖を回顧 | RBB TODAY

乃木坂46・松村沙友理、「怖くて泣いていた」AKB48の公式ライバルとしてステージに立ったときの恐怖を回顧

エンタメ その他
松村沙友理【撮影:こじへい】
  • 松村沙友理【撮影:こじへい】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 乃木坂46が、11日放送の『MUSIC BLOOD』(日本テレビ系)に出演。デビュー当初の苦難を語った。


 2011年当時、アイドル界のトップに君臨していたのがAKB48。乃木坂46はその“公式ライバル”という立ち位置で誕生した。翌2012年1月、メンバーは初めてパフォーマンスすることになったのだが、その晴れ舞台は、AKBのライブ会場だった。

 アウェイともいえるステージに立った乃木坂。センターにいた生駒里奈は涙ながらに「乃木坂46には超えなければいけない目標があります。その目標とはAKB48さんです」と宣言していた。

 当時、齋藤飛鳥は13歳。デビューしたばかりの乃木坂が、AKBのライバルとして設定されていることについて「子どもながらに、なんでそんなことさせるんだろう」と疑問に思っていたと吐露。

 高山一実はその時のパフォーマンスについて「(AKBファンから)物が飛んできたりとかブーイング覚悟で挑んでいた」と回顧。松村沙友理はライブ終演後、「みんなで褒め合った。怖くて怖くて泣いていた」と思い返していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top