「びっくりドンキー」持ち帰りメニューのアレンジに挑戦! | RBB TODAY

「びっくりドンキー」持ち帰りメニューのアレンジに挑戦!

ライフ グルメ
「びっくりドンキー」ハンバーグアレンジ【撮影:小宮山あきの】
  • 「びっくりドンキー」ハンバーグアレンジ【撮影:小宮山あきの】
  • 「びっくりドンキー」ハンバーグアレンジ【撮影:小宮山あきの】
  • 「びっくりドンキー」ハンバーグアレンジ【撮影:小宮山あきの】
  • 「びっくりドンキー」ハンバーグアレンジ【撮影:小宮山あきの】
  • 「びっくりドンキー」ハンバーグアレンジ【撮影:小宮山あきの】
  • 「びっくりドンキー」ハンバーグアレンジ【撮影:小宮山あきの】
  • 「びっくりドンキー」ハンバーグアレンジ【撮影:小宮山あきの】
  • 「びっくりドンキー」ハンバーグアレンジ【撮影:小宮山あきの】
 「びっくりドンキー」が来年1月17日までの期間限定で販売している、お得なテイクアウトメニュー「150gレギュラーバーグ4枚セット」と「300gレギュラーバーグ2枚セット」(各税別1,858円)。


 今回の新メニューは、どちらも“ハンバーグのみ”持ち帰れることが特長で、ソースは付いているものの、ご飯もトッピングも一切ついていないため、好みに合わせたアレンジが楽しめる。

 今年の年末年始は“巣ごもり”で、自宅で食事をする機会が増えそう。
ということで、さっそく2種類のセットをテイクアウトして、自分用や子ども用、自宅パーティー用などにアレンジしてみた。




 まずは、最寄りの「びっくりドンキー」でハンバーグのみを持ち帰り。取り扱いのない店舗もあるため、事前にチェックが必要だ。

店員さん曰く「和風ソースが付いています。焼きたてを詰めたので、お早めにお召し上がりください」とのこと。受け取ると、ずっしり重くて良い香り♪
さっそく持ち帰り開けてみると、思っていたよりもすんごくデカい!! 300gの方に至っては、小2の娘が愛用している定規でも図り切れない巨大サイズ(17センチ超え)、厚さも2センチはありそうな代物だ。



■「和風ハンバーグ」
 まずは、自分と旦那用に定番の「和風ハンバーグ」から。材料は、きのこ類やシソ、大根など。好きなきのこを添付の和風ソースで煮て、150gのレギュラーバーグの上に、シソや大根おろしと共に乗せたら完成!





和風ソースの薬味が効いていて、めちゃめちゃ美味しい。ハンバーグって意外と作るのが面倒だし、添付のソースで手軽に美味しい和風ハンバーグにアレンジできるのはいい。

■「子ども用に可愛い!洋風ソーストッピング」
 続いて、子ども用に制作を開始。300gハンバーグの端っこを丸く型抜きし、クマの耳に見立てたところ、子どもたちから「クマなのに顔がつぶれてるよ!」「反対から見てるから、車にしか見えない」などのクレームが続々。話し合いの結果、レギュラーバーグの形的に今回はカエルとなった。

トッピング用の茹でたニンジンやハムを、ノリノリで型抜く息子。ハンバーグの周りに、ケチャップとソースで作った甘めのソースを流したら、盛り付けスタート!


園児によるトッピング大量生産のお陰で、カエルにカチューシャ(!?)を着けたりと、各自トッピングを自由に楽しめたようだ(笑)。甘めの洋風ソースも合って、子どもたちも喜んで食べてくれた。

■「巨大ハンバーグ DE チーズフォンデュ」
 続いて、自宅パーティー用のチーズフォンデュ。300gハンバーグは、とにかく巨大なのでプレートでも十分に映える! まずは、ホットプレートにチーズと牛乳を入れて、温めながら混ぜ混ぜ。


周囲に、冷凍の温野菜やフランスパンをカットして入れ、ハンバーグを乗せる。しばし蓋をして、チーズがとろりと溶けたら完成だ。これは家族みんなが食べられて、肉、野菜、パン、チーズと栄養もたっぷり。楽しい自宅パーティになりそう。


このほかにも、ロコモコ丼やハンバーガーなど、いろいろなアレンジができそうな「びっくりドンキー」の持ち帰りハンバーグ。味がしっかりと付いているので、どのアレンジ料理も手軽に美味しくできた! ぜひ皆さんも、お試しあれ!
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top