池田エライザ、emma、鈴木奈々らが「スニーカーベストドレッサー賞」受賞に喜び! | RBB TODAY

池田エライザ、emma、鈴木奈々らが「スニーカーベストドレッサー賞」受賞に喜び!

エンタメ その他
池田エライザ【撮影:中野泰彦】
  • 池田エライザ【撮影:中野泰彦】
  • 池田エライザ【撮影:中野泰彦】
  • emma【撮影:中野泰彦】
  • emma【撮影:中野泰彦】
  • emma【撮影:中野泰彦】
  • 鈴木奈々【撮影:中野泰彦】
  • 鈴木奈々【撮影:中野泰彦】
  • YURINO(E-girls/Happiness)【撮影:中野泰彦】
 池田エライザ、emma、鈴木奈々、レイザーラモンRBほかが20日、都内で行われた「スニーカーベストドレッサー賞 2020」授賞式に出席した。

 “スニーカーを素敵に履きこなしている”著名人を各部門ごとに選出し、表彰する同アワード。授賞式では、池田エライザ(女優部門)、杉野遥亮(俳優部門)、emma(モデル部門)、鈴木奈々(タレント部門)、アントニー(芸人部門)、YURINO(アーティスト部門)、ミチ&よしあき姉弟(SNS部門)、レイザーラモンRG(特別賞)の受賞が発表された。

 肩を出した黒いドレスに、白いスニーカー姿で登場した池田は、トロフィーを受け取ると、「すてきな賞をいただけて嬉しいです。もともとインドアだった私が、スニーカーという自分をアクティブにしてくれる頼もしい存在のお陰で、いろんな所に出かけるようになって、すごく救われています」と喜びのコメント。

 女優業の傍ら、スニーカーの商品プロデュースにも携わっている池田だが、スニーカーファッションの着こなしのコツについては「スニーカーはアクティブなイメージがあるかもしれませんが、ドレッシーだったり、今日のテーマとか着たい服に気兼ねなく合わせられるように(プロデュース業の)提案を頑張っています。自由に楽しんでみることが大事なんじゃないかな」と笑顔で話した。

 大胆なスリットが入ったデニムスカートに、スニーカーを合わせた衣装で登場したemmaは、「私は普段からスニーカーを愛しているので、ファッションに携わる賞を受賞できたことをモデルとして嬉しく思います」とにっこり。

 「スニーカーとはどんな存在?」との問いに、「欠かせない存在です。今日みたいなデニムファッションに合わせたり、ワンピースとかガーリーな服の時にあえて足元をスニーカーにしてみたり、いろんな楽しみ方ができるので、本当にマストアイテムです」とスニーカー愛を披露した。

 スポーティーなミニスカート姿で登場した鈴木は、「ありがとうございます。家族も旦那さんもすっごく喜んでいます」と大はしゃぎ。「私は茨城県から東京に電車通勤をしていて、スニーカーだとすごく楽なので、これからもスニーカー通勤でお仕事を頑張りま~す」とガッツポーズで喜んだ。

 そんな元気いっぱいの鈴木も、30代になってからは「スニーカーの選び方」が変わったそうで、「20代のときは、旦那さんと洋服でペアルックを楽しんでたんですけど、30代になってからはちょっと恥ずかしくなったので、スニーカーでペアルックを楽しんでいます。これからも旦那さんとスニーカーファッションを楽しみたいです。幸せで~す」と夫婦ラブラブぶりをアピールして、笑わせた。

 3年連続の受賞となり、今回「殿堂入り」を果たしたレイザーラモンRGは、「この日を一年前から空けていました」と開口一番、笑いを誘うと、RGがSNSで披露している、どんなスニーカーも激レアアイテムに見える「キモ撮り」ポーズも披露。「この『キモ撮り』も、鈴木福くんがやってくれたりと広がってきていてうれしいです」と喜びを語っていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top