岡村隆史、宮迫博之のYouTube活動に疑問 | RBB TODAY

岡村隆史、宮迫博之のYouTube活動に疑問

エンタメ その他
ナインティナイン・岡村隆史【撮影:浜瀬将樹】
  • ナインティナイン・岡村隆史【撮影:浜瀬将樹】
 ナインティナインの岡村隆史が30日放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)でYouTubeでの活動を開始した宮迫博之について言及した。


 反社会的勢力との闇営業が明らかになり、活動を休止していた宮迫は29日にYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」を開設。初投稿の動画では昨年の騒動をあらためて謝罪し、「蛍原さんの横に戻りたい」「自分にはお笑いしかない」などの思いを語っていた。

 このことについてリスナーから意見を求められた岡村は「(自分を含めて)昔からの仲間は反対していた。僕も最初はYouTubeじゃなくて順番としてまず、ホトちゃん(蛍原徹)と雨上がり決死隊としてお客さんの前からやるのがいいんじゃないのかなと思っていた」と正直な思いを吐露。

 宮迫からも相談を受けていたようで岡村は「焦ってYouTubeを始めるのではなく、ちゃんと会社と話をして、まとまってからの方がええんちゃうの?って僕は言ったんですけど」と明かし、「宮迫さんはやるということなので、これがええ方向になってくれりゃいいんですけど」と語った。

 そして、宮迫がYouTubeの動画の中で「蛍原さんの横に戻りたい」と話したことについて岡村は「(戻りたいのであれば)相方さんの話も聞かなあきませんわ」と言い、「(相方の話も聞かないのに)YouTubeで『相方の隣に戻りたい』っていうのは僕は違うと思う」と指摘。

 また、ロンドンブーツ1号2号の復帰トークライブの前日に動画を公開するというタイミングにも「もっとやり方あるんちゃうのかと思ってしまう」と岡村。さらに「今回のYouTubeで、ほんまに宮迫さんが思っている方向になればいいんですけど、道のりは長くなるかなって。ホトちゃんとコンビとして活動するのもちょっと大変になるんじゃないかなって思ってしまった」と語り、今回の宮迫のやり方には「同期だったらケンカしてたかな」と話していた。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top