門脇麦、「エル・ベストアクトレス賞」受賞に喜び!「現場を引っ張っていける人間になりたい」 | RBB TODAY

門脇麦、「エル・ベストアクトレス賞」受賞に喜び!「現場を引っ張っていける人間になりたい」

エンタメ その他
門脇麦【撮影:小宮山あきの】
  • 門脇麦【撮影:小宮山あきの】
  • 門脇麦【撮影:小宮山あきの】
  • 門脇麦、中村倫也【撮影:小宮山あきの】
  • 門脇麦【撮影:小宮山あきの】
  • 佐久間由衣、門脇麦【撮影:小宮山あきの】
  • 門脇麦、中村倫也【撮影:小宮山あきの】
  • 佐久間由衣、門脇麦、中村倫也、蜷川実花監督【撮影:小宮山あきの】
 女優の門脇麦が12日、都内で行われた「ELLE CINEMA AWARDS 2019」の授賞式に佐久間由衣、中村倫也、蜷川実花監督とともに出席した。

 ファッションメディア「ELLE(エル)」は、文化人や映画ジャーナリスト、ファッション関係者らが独自の視点でその年のナンバーワンの映画や人物を選ぶ同アワードを開催。

 今年、主演作を含めた3本の映画に出演し、映画『チワワちゃん』の演技も注目された門脇は、映画界で一番輝いた女優に贈られる「エル・ベストアクトレス賞」を受賞。

 門脇は、透け感のある花柄のドレス姿で登場し、トロフィーを受け取ると「この様な華やかな場所に呼んでいただき、ありがとうございます。本当に光栄です」と喜びを語り、笑顔を浮かべた。

 続けて「今年は私よりも年下の若いキャストの方々と仕事をする機会が多くて、まだ気持ち若手ですし、未熟者なんですけど、もう若手の気分ではいられないというか、早く現場を引っ張っていけるような人間になりたいと強く思った一年でした」と今年の活躍ぶりを振り返った。

 同アワードについては、「普段の映画祭に興味をもってくださる方とはまた少し違う層の方々に、こうやって映画のことを発信できる場があることをとても幸せに思います」とコメント。「見て何かを感じていただいて、作品が完成するというのがあるので、こうやって和が広がっていったらもっと素敵になるんじゃないかなと思います」と映画への情熱も言葉にした。

 「すごくいいステップアップをされていますね」と祝福の言葉をかけられると、「本当に恵まれています。作品を作るのは最終的には人と出会いに尽きると思うので、そういう出会いの一つ一つや、大切な人たちが周りにたくさんいて幸せだなと思います」と自身の環境への感謝も語った。

 また、同誌の編集長から、この日、門脇が来ている衣装がイアリアのブランド「バレンチノ」のドレスと、希少価値が高い32カラットの大きなエメラルドが施された「ショパール」のイヤリングであることが紹介されると、門脇は「光栄です、本当に」と恐縮し、笑みを浮かべていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top