蜷川実花が明かす、"普通じゃない"幼少期の育ち方とは? | RBB TODAY

蜷川実花が明かす、"普通じゃない"幼少期の育ち方とは?

エンタメ その他
写真提供:MBS
  • 写真提供:MBS
  • 写真提供:MBS
 8月10日あさ7時30分から放送の『サワコの朝』(TBS系)には、ゲストに写真家の蜷川実花が登場する。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 2007年には映画『さくらん』で監督デビューを果たし、華やかな世界観が広がる映像作品で人々を魅了した蜷川。重要文化財である道後温泉とコラボしたことでも知られる蜷川だが、なんと同温泉は前年に比べ観光客が約3万人も増加。番組では、“蜷川実花ワールド炸裂”の道後温泉を紹介していく。

 蜷川の作品は、“素敵”と思った瞬間を撮ることで生まれているというが、時には気分が乗らないこともあると本音を明かす。「20年以上プロでやっているから、商品になるレベルには仕上げる」とした上で、乗ってない時の作品は「並べたらバレるかも(笑)」と明かし笑いも誘う。

 また、3年前に亡くなった父・蜷川幸雄さんとの知られざる関係を告白。「いつでも、どこでも男を捨てられる女であれ」等、父の思想を常に語られながら育ったという蜷川は、「日本の中のガラパゴスで育った」と幼少期を回顧。ほか、白黒作品を撮っていた時のエピソードや3年間務める雑誌『AERA』の表紙撮影での話を披露。爆発的に売れたという羽生結弦選手の撮影秘話も明かしていく。
《KT》

関連ニュース

特集

page top