高倉健さんの養女、養子縁組を結んだ理由明かす | RBB TODAY

高倉健さんの養女、養子縁組を結んだ理由明かす

2014年11月に亡くなった高倉健さんの養女・小田貴月さんが28日放送の『ノンストップ』(フジテレビ)に出演。高倉さんの配偶者ではなく、養女になった理由を明かした。

エンタメ その他
高倉健さん(享年83)
  • 高倉健さん(享年83)
 2014年11月に亡くなった高倉健さんの養女・小田貴月さんが28日放送の『ノンストップ』(フジテレビ)に出演。高倉さんの配偶者ではなく、養女になった理由を明かした。

【PR】田中みな実が衝撃の1st写真集!早くも大ヒットの予感!

 今月30日に高倉さんとの17年間の日々をつづった手記『高倉健、その愛。』(文藝春秋)を発売するということで、番組に登場した小田さん。番組では高倉の“目立たずに過ごしたい”という願いに添い、2人での外出が17年間で1度だけだったというエピソードが紹介され、このことについて小田さんは「作品が自分のプライベートの話で色づけされるのを最も嫌ってた。ものすごい人数の方が、時間と人生をかけてる方がいる。それをたった一言『高倉健が……』って記事で書かれるだけで作品がダメになってしまう。それだけは自分はしたくないって話を聞きました」と話した。

 そんな考え方もあり、結婚などができなかったと小田さん。その転機となったのが2013年、小田さんの母親が脳梗塞で倒れるという出来事があった時だという。高倉さんははその時から自分が病気になった時のことをあらためて考えるようになったと小田さんは明かす。小田さんは「今戸籍上何もないと病室に入っていられなくなるわけですよ。看病がしたいと思っても私は他人なわけですから、配偶者か養女かっていう二者択一なわけです」と言い、結婚か養子縁組かの判断は高倉に任せたと告白。養子縁組を選んだ理由については「寄り添っている方が強いでしょっていう考え方ですね」と語った。

 また、小田さんは高倉さんの「悪性リンパ腫」との闘病生活についても話した。高倉さんの入院中は24時間、常に小田さんがそばについていたそうで、「高倉は一切一度も弱音を吐きませんでした」と断言。さらに、高倉さんの思いを汲み「映画俳優なので治療をしていく中で髪の毛が抜ける治療だけはやめてくださいって。完治しても髪が抜けてしまうとお仕事がしにくくなるのでそれを最大限配慮して治療していただけないかとお願いした」と俳優復帰を視野に入れた治療を医師に相談していたことも明かしていた。

【ピックアップ】
・注目アイドルの写真集・DVD満載……セクシーグラビア一挙公開
・橋本環奈、久松郁実、伊織もえ……セクシー写真集続々!注目の写真集まとめ
・【TGS 2019】美人!可愛い! コスプレイヤー&コンパニオンを激写(その1)
・アイドルがセクシーランジェリーショット公開……柏木由紀、小嶋陽菜、内田理央
《松尾》

関連ニュース

特集

page top