福士蒼汰、菜々緒・桐谷健太らとの“仲良し4兄弟”役に「しっくりきた」 | RBB TODAY

福士蒼汰、菜々緒・桐谷健太らとの“仲良し4兄弟”役に「しっくりきた」

10月スタートの新ドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系)で、福士蒼汰・菜々緒・桐谷健太・横浜流星の花巻家の4兄弟がそろったビジュアルが公開された。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
 10月スタートの新ドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系)で、福士蒼汰・菜々緒・桐谷健太・横浜流星の花巻家の4兄弟がそろったビジュアルが公開された。

※楽天で「ドライブレコーダー」ランキングをチェックする!【PR】

 同ドラマの原作は、小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエによる同名漫画。手を重ねた人の「死の運命」が視えてしまうという特殊な能力を持つ救急救命士と、命の期限が1年後に迫った義姉との禁断の恋を描く切ないラブストーリーだ。主人公の救急救命士・花巻みことを演じるのは、TBS連ドラ初主演となる福士蒼汰。みことと禁断の恋に落ちる余命1年の義姉・沙羅を演じるのは菜々緒。横浜流星と桐谷健太は2人の義理の兄弟役を務める。

 主人公のみこと(福士蒼汰)だけ血はつながっていないが、父親が亡くなり母親も不在がちな花巻家で、助け合いながら仲良く暮らしている4兄弟。公開されたビジュアルでは、年齢も性格もバラバラだが、演じる福士、菜々緒、桐谷、横浜のチームワークの良さが感じられる“仲良し兄弟”ショットに仕上がっている。

 4人で兄弟を演じることについて、長男役の桐谷は、「もしこの兄弟が現実だったら、3人をめちゃくちゃ可愛がる」とコメント。主演の福士も「それぞれが役柄に近い雰囲気なので、しっくりきました」と語っているほか、紅一点の菜々緒も「他愛もない雑談をしながら、“兄弟”っぽい! と感じました」と手ごたえを感じた様子。末っ子役の横浜も「たくさんコミュニケーションを取って、しっかりといい関係性を築いていきたいです」とコメントを寄せている。

 沙羅の余命が あと1年という現実を知り、みことが胸に秘めていた沙羅への想いを抑えられなくなっていく中で、兄弟4人の関係はどのように変化していくのか? 4人がどんな兄弟像を見せてくれるのかに期待が高まる。なお、5日から番組公式Instagram(4mari_tbs)とLINEも始動。番組公式Instagramでは早速、花巻家4兄弟の仲睦まじいオフショットが掲載されている。今後もさまざまなオフショットやウラ話がアップされていくとのことで注目だ。

 ドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系)は10月スタート。毎週金曜よる10時から放送される。
《KT》

関連ニュース

特集

page top