萩原みのり、主演映画『お嬢ちゃん』が公開決定!「役者を続けていく決意の作品」 | RBB TODAY

萩原みのり、主演映画『お嬢ちゃん』が公開決定!「役者を続けていく決意の作品」

萩原みのり主演映画『お嬢ちゃん』が、新宿K’s cinemaにて9月28日より公開となることが決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)ENBUゼミナール
  • (C)ENBUゼミナール
  • (C)ENBUゼミナール
  • (C)ENBUゼミナール
  • (C)ENBUゼミナール
  • (C)ENBUゼミナール
  • (C)ENBUゼミナール
  • (C)ENBUゼミナール
  • (C)ENBUゼミナール
 萩原みのり主演映画『お嬢ちゃん』が、新宿K’s cinemaにて9月28日より公開となることが決まった。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 同作は、むき出しな気持ちを心に秘めて生きる、ある一人の女の生きざまを描いた物語。萩原演じる主人公のみのり(21歳)は、神奈川県鎌倉市で暮らしている。一見普通の女性に見えるが、どこか違う。普通とはなにか?みのりは他の女性と何が違うのか?みのりは何を考えて生きているのか?監督は、ロカルノ国際映画祭ほか世界各国の映画祭で高く評価された『枝葉のこと』を手がけた二ノ宮隆太郎監督。前作は自身が主演した自叙伝とも言うべき作品だったが、今作は自身は出演せず、ある若い女性の生きざまを描く。

 公開決定に加えて、メインビジュアルも解禁。鎌倉の海辺で夏の日差しを浴びて立つ主人公のみのりが、強い面持ちで彼方をみつめる表情が採用され、「どいつも、こいつも、くだらない」というコピーが添えられている。

 萩原は、「二ノ宮監督からこの作品で主演をやってほしいと声をかけていただいたときの私は、いろんな薄っぺらさに嫌気が差して、周りのことも自分のことも大嫌いで、役者をやめることばかり考えていました」と当時の状況を告白。さらに、「この作品は、私の役者を続けていくという決意の作品でもあります」と語っているほか、「たくさんの人の心に届くような作品ではないかもしれません。ですが、しっかりと劇場で見届けてもらえると嬉しいです」と呼びかけている。

 映画『お嬢ちゃん』は、新宿K’s cinemaにて9月28日より公開。以降、全国順次公開となる。
《KT》

関連ニュース

特集

page top