安住紳一郎アナ、「大切なお知らせ」演出には反対だった……ラジオで経緯説明 | RBB TODAY

安住紳一郎アナ、「大切なお知らせ」演出には反対だった……ラジオで経緯説明

TBSの安住紳一郎アナウンサーが7日放送のラジオ番組『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ)で『ぴったんこカン・カンスペシャル』(同局)での「大切なお知らせ」演出について言及した。

エンタメ その他
安住紳一郎《写真:椿山》
  • 安住紳一郎《写真:椿山》
 TBSの安住紳一郎アナウンサーが7日放送のラジオ番組『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ)で『ぴったんこカン・カンスペシャル』(同局)での「大切なお知らせ」演出について言及した。

※乃木坂46関連ニュースをチェックする

 5日に放送された『ぴったんこカン・カンスペシャル』。当日の新聞のラテ欄で「恐縮です 今夜、安住紳一郎アナより大切なお知らせが」と告知されていたことで、ネット上では「結婚か?」「フリー転身?」など憶測を呼び大きな話題に。しかし、いずれもそれは大外れで、番組の最後に発表されたのは『TBS東京オリンピック2020』の総合司会に就任するというものだった。

 安住アナはこの「大切なお知らせ」演出について「番組の冒頭から『重大な発表が安住からある』なんて、そういう作りになってて、私はそういうやり方はやめたほうがいいって制作と話し合いを重ねたんですけど、3時間スペシャルということもあって、ある程度最後まで見てもらうお客さんも欲しいという狙いがあったんだとは思うんですけど」と制作側の考えに一定の理解を示しながらも「でも、最近はそういうやり方をすると、非常に信頼を失うことになるから、長い目で見て得策じゃないってことは言ったんですけど、なかなか私1人の意見も通らないものだからそういうことになって」と説明した。

 また、安住アナは「今私から大事なお知らせがあるなんて言ったら、大体の人は最近、春風亭昇太さんも結婚なさったりしてるから、安住紳一郎もついに結婚かとか、会社を辞めるとか、そういうことになるんじゃないかみたいに思いますよね」と言い、会社や自身のメールなどにクレームが多数届いたことを明かした。

 最後は「よくないですよね、やっぱり。人の心をわざとざわつかせて」と言い、「皆様にもご迷惑はかけましたけども、私自身もいろいろと感じておりますので、ご容赦いただきたいなと思います」と結んでいた。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top