蒼井優、女優になったきっかけは「勉強から逃げたくて……」 | RBB TODAY

蒼井優、女優になったきっかけは「勉強から逃げたくて……」

女優の蒼井優が25日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ)に出演。女優となったきっかけなどについて語った。

エンタメ その他
蒼井優【撮影:編集部】
  • 蒼井優【撮影:編集部】
 女優の蒼井優が25日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ)に出演。女優となったきっかけなどについて語った。


 この日は俳優の池松壮亮、太賀と一緒に番組に登場した蒼井。池松から「女優を目指したきっかけはなんでしたか?」と話を振られると「目指す前になってた」と蒼井。「勉強から逃げることをずっと中学1年生の頃から考えてて……本当、英語がダメで一回の宿題で50個の英文を覚えないといけなくて、それを次の授業で出される。それ答えられなかったら、うち、山の麓にあるすっごい寒い学校なんだけど、(答えられなかったら)窓が開けられていくの。私のせいで全開になっちゃって……」と英語の授業中の思い出を明かした。

 また、秀才な兄にコンプレックスもあったとのことで「東京とか、芸能界とかよくわからないところに一回逃げよう」と思ったことが女優を目指すきっかけだったという。

 そんな蒼井だが、今ではドラマに映画、舞台などで活躍する人気女優。現在は台本を覚えることに日々、苦戦しているらしく「199ページの台本、ほんと点滴で入れてくれないかな……どんだけ高カロリーでもいい」と言い、「だから今は、なんのために生まれて来たんだろうって思う。私セリフを覚えるために生まれて来たんじゃないはず!」と女優としての苦悩を笑顔で語っていた。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top