人気コスプレイヤー・うらまる、意外にも質素な暮らしぶり? | RBB TODAY

人気コスプレイヤー・うらまる、意外にも質素な暮らしぶり?

エンタメ その他

人気コスプレイヤー・うらまる、意外にも質素な暮らしぶり?
  • 人気コスプレイヤー・うらまる、意外にも質素な暮らしぶり?
  • 人気コスプレイヤー・うらまる、意外にも質素な暮らしぶり?
  • 人気コスプレイヤー・うらまる、意外にも質素な暮らしぶり?
 3日に放送されたAbemaTVの新番組『給与明細』は、人気コスプレイヤー・うらまるに密着取材を敢行した。

 同番組は、怪しくも稼いでいる人や仕事に斬り込みその給与を暴く番組。以前、テレビ東京でも放送されていた同番組だが、AbemaTVにて復活。番組のストーリーテラーは、以前と同様にテリー伊藤が務める。

 3日の放送回では、好きなキャラクターや、セクシーなオリジナルのコスプレ衣装に身を包み、イベント会場等を盛り上げるコスプレイヤーの光と影に密着。かつては趣味の延長線上で楽しむ人が多かったコスプレだが、今、そんなコスプレ業界にある異変が起きているそう。そこで、今回は、今最も話題のコスプレイヤー2人に完全密着し、コスプレ業界の現実に迫った。

 この日の放送で、取材に協力したのは、セーラー服のコスプレ姿が話題になり、21歳ながら一躍人気コスプレイヤーの仲間入りを果たしたうらまる。コスプレイヤー専門事務所『12COMPANY』に所属し、プロのコスプレイヤーとして活躍している。この日は、うらまるの撮影会があるということで番組が潜入。1分間のコスプレ撮影タイム、チェキタイム、交流タイムで構成されている撮影会の参加料金は、1人1万円。撮影会に参加していた30代のサラリーマンは、「1万円以上出す価値はあると思う。(うらまるへの)下心はもちろんある」と赤裸々に語った。

 その日の撮影会の売り上げは、人数分の参加費23万円とチェキ代の売り上げ3万円、缶バッチの売り上げ1万7千円の総額27万7千円。しかし、その中からうらまるの収入は、物販の売り上げのわずか2~3割程度。うらまるは、撮影会の他にも、ラジオ出演やキャラクターデザインの考案などタレント的な活動も精力的にこなしている。番組スタッフが、気になる給与を尋ねると、うらまるは「月収にして30万円くらい」と明かした。

 さらに、番組は、そんなうらまるの自宅にも同行。都内某所駅から徒歩5分の1K、家賃8万5千円の物件に住む彼女の部屋のクローゼットには、コスプレ衣装がずらりと並んでいた。「ネットで買ったり、お店で買った」と言う約20着のコスプレ衣装は、実家に置いてある物も含めると総額40万円以上。一方、冷蔵庫には最低限の飲み物と調味料しか入っておらず、主食はカップ麺であることを明かすなど、人気コスプレイヤーながら、意外にも質素な生活を送っていることが分かる内容だった。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top