【NHK紅白歌合戦】AKB48渡辺麻友、本番で卒業シングル曲を熱望「泣くと思います」 | RBB TODAY

【NHK紅白歌合戦】AKB48渡辺麻友、本番で卒業シングル曲を熱望「泣くと思います」

大みそか恒例の『第68回NHK紅白歌合戦』のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールにて開催され、紅白を最後にグループを卒業するAKB48の渡辺麻友が心境を明かした。

エンタメ 音楽
渡辺麻友【写真:竹内みちまろ】
  • 渡辺麻友【写真:竹内みちまろ】
  • AKB48
  • AKB48
  • AKB48
  • AKB48【写真:竹内みちまろ】
  • AKB48【写真:竹内みちまろ】
 大みそか恒例の『第68回NHK紅白歌合戦』のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールにて開催され、紅白を最後にグループを卒業するAKB48の渡辺麻友が心境を明かした。

 AKB48が紅白で披露するのは「視聴者が選んだ夢の紅白SPメドレー」。これは、3曲のパフォーマンス曲を視聴者投票で決定するという試み。この日は、AKB48グループ総監督の横山由依がクジを引いて、リハーサルで使用する曲を決定した。

 渡辺は、当日のパフォーマンス曲について、卒業シングルとなる「11月のアンクレット」を熱望。「私の最後の卒業センターシングルなので、それを最後に歌って、AKB48の11年間の人生に幕を下ろしたいです、やっぱり。歌いたいです」と思いを言葉に。また、「11月のアンクレット」を歌えたら「泣くと思います」といい、「あまり人前で泣くことはないのですが、さすがにその瞬間は自分は泣くのではと思います」と心境を言葉にした。

 紅白で卒業を飾ることについては、「こんなに歴史あるすばらしい紅白歌合戦の舞台で、AKB48として最後の瞬間を迎えられることをすごく光栄に思っています」とにっこり。

 リハーサルでも、横山が1位のクジを引いたのは「11月のアンクレット」。渡辺は、リハーサルを終えた感想を、「ホントにホントの最後のステージなので、『AKB48としてのまゆゆが、(マイクを)置いた瞬間に終わるのだな』と思ったら、くるものがありました」と明かし、「いよいよ残りあと2日なので、最後を駆け抜けて、笑顔で終わりたいなと思います」と声を弾ませた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top