今年の紅白、サプライズ・目玉は誰なのか? | RBB TODAY

今年の紅白、サプライズ・目玉は誰なのか?

11月下旬に発表される紅白歌合戦の出場者。すでに内々では顔ぶれも決まり、あとはお披露目を待つばかりだろうが、今年はどんなサプライズ、”目玉”歌手がいるのか業界関係者に聞いた。

エンタメ その他
梅沢富美男【撮影:竹内みちまろ】
  • 梅沢富美男【撮影:竹内みちまろ】
  • 渡辺直美【撮影:竹内みちまろ】
 11月下旬に発表される紅白歌合戦の出場者。すでに内々では顔ぶれも決まり、あとはお披露目を待つばかりだろうが、今年はどんなサプライズ、”目玉”歌手がいるのか業界関係者に聞いた。

 まず期待大なのが桑田佳祐だという。「今年上半期の朝ドラ『ひよっこ』主題歌『若い広場』を手がけ、自らも歌っています。紅組の司会候補は有村架純と噂されていますし、竹内涼真ら『ひよっこ』キャストが再集結して歌う場面もありえます。桑田も担ぎ出される可能性も多いにある」。

 さらに「小柳ルミ子」も意外と堅いのではないかと論じる。「詳しすぎるサッカー解説で若者層にもアプローチしており、また代表曲『わたしの城下町』『瀬戸の花嫁』を送り出した故・平尾昌晃氏の追悼の意味も込めてステージに立つのでは」。

 さらに飛び出したのが「梅沢富美男」の名前。とはいえ初出場した34年前(第34回)、NHKの執拗なリハーサル要求にぶち切れて以来「オファーがない」とさまざまな番組で明かしているが……。「その話題を逆手に取るということも考えられます。もちろん、50万枚を売り上げた『夢芝居』という強力な武器もある。今のNHKであればプライドを捨ててくるはず」

 とはいえ今年の顔と呼べそうなヒット曲に乏しいのも事実。そこで去年のバラエティ路線は今年も踏襲される見込みと語る。「ブルゾンちえみ、サンシャイン池崎、平野ノラ、さらに、にゃんこスターといった今年のお笑い界をリードしたワタナベエンターテインメント勢は”にぎやかし”で出てくるでしょう。ギターが弾けるANZEN漫才・みやぞんも何かしら絡んでくるはず」

 審査員はどうか?「渡辺直美、坂上忍、加藤一二三・九段らバラエティで活躍するメンツ、またスポーツ界では9秒98を打ち立てた桐生祥秀選手あたりが名を連ねるのでは」

 毎回その出場者をめぐって賛否を巻き起こす「紅白」。発表を楽しみに待ちたいところだ。

■注目記事
※【特集】NHK紅白歌合戦
すみれ、真紅のドレスでクリスマスツリー点灯式に
「35億」「忖度」「ちーがーうーだーろー!」……「新語・流行語大賞」ノミネート語発表
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top