横山由依、AKB48の総監督はお弁当のオカズまで管理!? | RBB TODAY

横山由依、AKB48の総監督はお弁当のオカズまで管理!?

エンタメ その他

横山由依《撮影:椿山和雄》
  • 横山由依《撮影:椿山和雄》
 8日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ)に、AKB48の横山由依が出演。総監督を務める中での意外な業務について明かした。

 現在、AKB48の2代目総監督として300人ものメンバーを束ねているという横山。リーダーとしてメンバーを引っ張っていくだけではなく、細かなことに気を配ったり、メンバーからの苦情に対応することもあるそうなのだが、なんとお弁当についても気を遣わなければならないのだそう。

 普段のお弁当はマネージャーにまかせているそうだが「唐揚げ、カツ、エビフライとか全部茶色系で」とお弁当に彩りがなく、メンバーから苦情が出てしまったのだという。これを聞きつけた横山は、「もうちょっとなんかいい感じのお弁当にしてください」とマネージャーに直訴、弁当の内容を改善することができたと明かした。

 これを聞いた松本人志は「君がやるのそれ?」と驚きの表情。「総監督というか工場長みたい」とAKBの総監督らしからぬ業務に思わずツッコミが入った。

 プライベートではキックボクシングを始めてから1年になる横山。威勢よくキックを放つ動画などアクティブな様子も公開されたが、この日の収録では終始ガラガラ声。浜田雅功から心配の声もあがり「喉の調子が良くなくて、楽しみにしてたのにすみません」と残念そうに語る場面もあった。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top