尾野真千子、「妖怪苺女優」と呼ばれる!猛烈な食いっぷり披露 | RBB TODAY

尾野真千子、「妖怪苺女優」と呼ばれる!猛烈な食いっぷり披露

エンタメ その他

尾野真千子、「妖怪苺女優」と呼ばれる!猛烈な食いっぷり披露
  • 尾野真千子、「妖怪苺女優」と呼ばれる!猛烈な食いっぷり披露
  • 尾野真千子【写真:鶴見菜美子】
 8日公開の映画『ブルーハーツが聴こえる』に出演している女優・尾野真千子が5日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ)に登場。苺の食べ放題でのあまりの真剣さに、ミッツ・マングローブにからかわれる場面があった。

 同日は尾野の好物をめぐる"食べ尽しデート"企画。のっけから高級フカヒレを食べて絶好調の尾野が次に向かったのは、苺のデザート食べ放題ビュッフェ。尾野はフェア期間中20トンの苺を消費すると聞いただけで「20トン~!!」とジャンプして大興奮。しかし特別ルールとして選んで食べるまでの制限時間が15分とスタッフに伝えられると、神妙な面持ちで「大変じゃなーい!」と口を尖らせた。

 デザートをとるときには大粒の品種「紅ほっぺ」にこだわり、そのままの苺を次々まるごと口の中にほうりこんだ尾野。「超うめぇ、やっばい!」と終了2分前に苺6個、マドレーヌ数個ややゼリー、マシュマロなどしっかりとおかわりを取って戻ってきたものの、時間が無いため大粒の苺を1粒数秒ペースで無言でほうりこむはめに。その必死な様子にミッツに「大丈夫?なんか目が苺色になってる!」と目が血走っていることまで指摘されてしまう始末だったが、その間もひたすら苺を秒速で食べ続ける尾野にミッツからは「妖怪苺女優って言われるよ!」と爆笑コメントが。動じずに食べ続けた尾野は、最後の数秒で飲むようにゼリーやマシュマロを完食。一般客に混じって広い会場内に食べ物を取りに行きつつ、たった15分で数種類のデザートと16粒の苺を感触した尾野に、「女優魂を見た!」とミッツが拍手を送っていた。

 尾野はこのあとも同じ日のロケで茶碗蒸しや餃子も「いけちゃいますね!」と次々と平らげ、まさに胃袋まで「女優魂」を見せつけるロケとなった。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top