「ご長寿早押しクイズ」14年ぶり復活に、鈴木アナ「自分もそうなるのかな」 | RBB TODAY

「ご長寿早押しクイズ」14年ぶり復活に、鈴木アナ「自分もそうなるのかな」

 29日夜6時30分、14年ぶりに「ご長寿早押しクイズ」が復活する。司会は鈴木史朗アナ。

エンタメ その他
「ご長寿早押しクイズ」14年ぶり復活に、鈴木アナ「自分もそうなるのかな」
  • 「ご長寿早押しクイズ」14年ぶり復活に、鈴木アナ「自分もそうなるのかな」
 29日夜6時30分、14年ぶりに「ご長寿早押しクイズ」が復活する。司会は鈴木史朗アナ。

 鈴木アナは「「ご長寿早押しクイズは、僕にとって一生懸命やっていた一種のライフワークでしたから、いい思い出です。僕はニュースのアナウンサーで、バラエティはほとんどこれだけでしたから。今回収録をして、“また喜んでもらえてよかったな”って感じました。ご長寿の方々がとても喜んで参加してくださったこと。そして、客席のみなさんが喜んでくださること。つまりそれは、視聴者のみなさんの目線ですからなんともいえない素直な笑いというのでしょうか、作った笑いじゃないところがいいんだと思います」とコメント。

 ご長寿早押しクイズと言えば珍回答も見ものだが、「すごい回答が出ると“さすが”と思いますが、自分もその年ですからね。回答者になったら自分もそうなるのかなと思いながらね(笑)」としみじみ。ご長寿のみなさんに変化は感じたか?という質問には「今日ご出演になった方と14年前の方々では、大きな世代間の差がありました。14年前は元日本兵という方もいました。つまり、太平洋戦争と日中戦争を戦った方々でした。女性は国を守った大和撫子です。今回は、戦後の焼け野原の日本をここまで発展させた、今の日本の姿を作った方々といってもいいと思うんですね。がんばって日本をここまで発展させてきた方々なので、基本はずっと敬意を表してきました。お年寄りの言葉に笑っちゃいけないという思いがあるんですけど、思わず笑ってしまって申し訳ないなと」。

 さらに、収録を終えた今、明石家さんまには「なんとかやりました。ほんまにしんどかったですが。でも、とてもおもしろいのができたので楽しみにしてください」とおすすめしている。

 『爆笑!明石家さんまのご長寿グランプリ2016』は29日夜6時30から9時まで。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top