防犯カメラ映像からキーパーソンを10秒で抽出! NECの顔認証+AIソフトウェア | RBB TODAY

防犯カメラ映像からキーパーソンを10秒で抽出! NECの顔認証+AIソフトウェア

 NECは、防犯カメラの映像を解析し、特定の人物を高速・高精度に検索するAIソフトウェア「NeoFace Image Data mining」を、10月31日よりグローバルで販売開始した。

IT・デジタル セキュリティ
同ソフトウェアによる関連人物検索のイメージ。特定人物が防犯カメラに映っていないか、特定の場所にどんな人物が頻繁に映っているかなどを検索することができる(画像はプレスリリース)
  • 同ソフトウェアによる関連人物検索のイメージ。特定人物が防犯カメラに映っていないか、特定の場所にどんな人物が頻繁に映っているかなどを検索することができる(画像はプレスリリース)
  • 同ソフトウェアの検索システムのイメージ。複数の防犯カメラの映像の中からでも、特定条件の人物の検索・抽出が可能。100万件の顔データからでも10秒ほどで検索が完了するとのこと(画像はプレスリリース)
 NECは、防犯カメラの映像を解析し、特定の人物を高速・高精度に検索するAIソフトウェア「NeoFace Image Data mining」を、10月31日よりグローバルで販売開始した。

 同ソフトウェアは、NECが有する顔認証技術と、類似度をグループ化して高速検索する技術を組み合わせることで、照合回数の大幅な削減と高精度な検索を可能とするものとなっている。

 特定の時間・場所に頻繁に出現する人物を100万件の顔データから検索する場合でも、所要時間はわずか10秒しかかからないという。

 主な利用用途は犯罪捜査などのセキュリティ分野や、顧客サービスなどのマーケティング強化などを想定。例えば、警察組織などなら、これまで犯罪捜査で防犯カメラの映像を解析する際には、人が各映像を実際にチェックして、手がかりとなる映像を探すという手法がとられてきたが、同ソフトウェアを使えば、複数箇所の防犯カメラの映像の中から、顔認証技術を活用して、同一人物を抽出したり、同じ場所に何度も現れる人物を迅速に検索することが可能だ。

 販売価格は2,980万円からとなっており、同社は今後3年間で関連ビジネスを含めて100億円の売上を目標としている。

>>Amazonギフト券10,000円分が当たる!「ホームセキュリティアワード」投票受付中<<
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top