従来機の半値を実現! 防災&防犯にも使える赤外線サーモカメラ | RBB TODAY

従来機の半値を実現! 防災&防犯にも使える赤外線サーモカメラ

 日本アビオニクスは12日、赤外線サーモグラフィカメラ「InfRec(インフレック)TS600シリーズ」を、2017年2月に発売する。

IT・デジタル セキュリティ
1,500度までの高温レンジを搭載し、映像監視システムでは一般的なONVIFプロトコルや、化学プラントなど生産工場内での監視制御システムで利用される「Modbus TCP」にも対応する(画像はプレスリリースより)
  • 1,500度までの高温レンジを搭載し、映像監視システムでは一般的なONVIFプロトコルや、化学プラントなど生産工場内での監視制御システムで利用される「Modbus TCP」にも対応する(画像はプレスリリースより)
 日本アビオニクスは12日、赤外線サーモグラフィカメラ「InfRec(インフレック)TS600シリーズ」を、2017年2月に発売する。

 設置型のサーモグラフィカメラは、設備の異常状態をモニタリングする状態監視システムをはじめ、防災・セキュリティ用途でも広く活用されている。

 「InfRec TS600シリーズ」は同社従来機種と比較して体積比約50%、質量約20%と小型化し、消費電力も約20%削減とエコ。さらに価格は半額以下となっている。

 製品構成は水平視野角が異なる3種類のレンズバリエーション及び、日本国外への輸出用としてリスト規制非該当品が用意される。VGA(640×480画素)の赤外線センサを搭載し、精度は±2度/2%となっている。希望小売価格はそれぞれ1,600,000円ONVIFプロトコルにも対応し、既設の監視カメラシステムのネットワークに組み込んだ運用も可能だ。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top