【今週のエンジニア女子 Vol.41】人の可能性を広げるサービスに携わる喜び……澤村花織さん | RBB TODAY

【今週のエンジニア女子 Vol.41】人の可能性を広げるサービスに携わる喜び……澤村花織さん

IT・デジタル その他

【今週のエンジニア女子 Vol.41】人の可能性を広げるサービスに携わる喜び……澤村花織さん
  • 【今週のエンジニア女子 Vol.41】人の可能性を広げるサービスに携わる喜び……澤村花織さん
  • 【今週のエンジニア女子 Vol.41】人の可能性を広げるサービスに携わる喜び……澤村花織さん
  • 【今週のエンジニア女子 Vol.41】人の可能性を広げるサービスに携わる喜び……澤村花織さん
  • 【今週のエンジニア女子 Vol.41】人の可能性を広げるサービスに携わる喜び……澤村花織さん
  • 【今週のエンジニア女子 Vol.41】人の可能性を広げるサービスに携わる喜び……澤村花織さん
  • 【今週のエンジニア女子 Vol.41】人の可能性を広げるサービスに携わる喜び……澤村花織さん
  • 【今週のエンジニア女子 Vol.41】人の可能性を広げるサービスに携わる喜び……澤村花織さん
  • 【今週のエンジニア女子 Vol.41】人の可能性を広げるサービスに携わる喜び……澤村花織さん
 今週のエンジニア女子はDMM.comラボの澤村花織(さわむら かおり)さん。入社1年目で、現在、事業サービス開発部玄武課第9グループ .makeチームに所属している。

---現在どのような業務を行なっていますか?

現在は.makeというチームで主にモノづくりのプラットフォームを開発しています。3Dモデルをアップロードすれば、造形してお届けするというサービスをはじめとして販売サイトやクラウドファンディング支援などモノづくりに関わる多くのサービスを展開しています。その他にも新規のサービス開発など、幅広く事業に携わらせていただいてます。

---ご自身が携わっているシステムについて教えてください。

主にバックエンドを担当しています。主にJavaを使用していますが、新規のサービスなどはRuby on Railsで開発したりもしています。

---業務の中で大事にしている点や気をつけていることはなんですか?

チームで作業を行うので、MTGのアジェンダ等どうしたら相手が理解しやすいかを考えて作成したりしています。まだまだ至らない点も多いですが、チームでプロジェクトを進める上で認識の齟齬なくみんながより良いサービスを構築していけるよう小さなことから積み重ねていきたいです。

---好きなプログラミング言語とその理由を教えて下さい。

最近はRubyが楽しいです。以前「ズンドコキヨシ」というプログラミング問題が流行ったとき、Golang使いの知人とどちらが早く完成できるか競争したのですが、Rubyだとあまりにも早く簡潔に書けたので感動しました!最近の業務でも活躍してくれています(笑)。自分の手元にある問題をよりよく解決できるものがその時の自分にとっての好きな言語だと今は考えています。

---エンジニアを目指したきっかけを教えてください。

大学で英文学を専攻していて、ボランティアで翻訳活動をすることもしばしばありました。必要としている人により良い情報がたくさん届けばいいと考えてそういった活動をしていたのですが、ある時ふと、自分にある知識や実力ではすごく狭い範囲の人にしかリーチできないと気付きました。その時にTEDやAmaraなどのWebサービスに出会い、Webの知識や技術があればもっと広い範囲のひとの人生をより良く変えていけるのではないかと思ったことがきっかけです。

---いまの仕事を選んで良かったと思うことはなんですか?

いろんな人同士を繋げられる、かつ、いろんな人が使ってくれているシステムを開発できているということです。3Dモデルを生み出す人と購入したい人、DMM.make AKIBAで活動している人たち、これから自分たちが作ったプロダクトを世界中に広めたい人たち、そうした全ての人の可能性を広げることができるサービスに携われることがとてもうれしいです。

---他の職業では体験できないことはありますか?

世界中に影響を与えられるものを自分の手で作れることです。物理的な距離のないWebの世界で働いているからこそだと思います。これからもより多くの人の人生が豊かになるようなサービスをどんどん開発していきたいです!

---エンジニアなら読んでおきたいと思う本を推薦して下さい。

「Java言語で学ぶデザインパターン入門」。もともとプログラミングに造詣が深くないわたしでもわかりやすい内容でした。サンプルが書かれていたので一通り模写しました。実際業務内で使用することでより理解を図りたいと思いました。

---どういった方がエンジニアに向いていると思いますか?

日々学ぶことを楽しめるひと。そもそも範囲が広いかつどんどん新しい技術がでてくるため、日々勉強です。実現できることが増えることに喜びを感じるひとには向いているのではないかと思います。

---今後はどのようなエンジニアを目指していきたいですか?

ユーザーの抱える悩みであったり希望を叶えていく、そんなエンジニアでありたいです。
そのために、どんどんいろいろな知識を身につけて、実現できる幅を広げたいと思います!

■ ひとくちメモ

Q.貴方のビジネスツールで自慢の、またこだわりのあるものを教えてください
A.KINESIS Freestyleのキーボード。キーボードマニアな同僚に貸してもらいました。真ん中で真っ二つに分かれているので、最初は慣れるのに苦労しましたが、今はこれのおかげで肩こりが減ったような?

Q.お仕事帰りに寄るお店(居酒屋など)とおすすめメニューを教えてください
A.「おひつ膳 田んぼ」。おいしいお米が食べられるお店です。表参道店によく行くのですが、その辺りはカフェが多く、和食がなかなかないので重宝しています。

Q.よく遊ぶ場所(地域やお店などなんでも)
A.渋谷、表参道です。プライベートで作業するためにWi-Fiがあるカフェなどを探して開拓するのが楽しいです。

Q.好きな休日の過ごし方はなんですか?
A.寝るのが好きなのでごろごろしてるのが好きです(笑)。でも、 この季節は海や山とかいろいろなところに出かけたいですね!あと、エンジニアなので休日もアプリ開発してたりします。

Q. 最近行ってよかった映画、展示会、ライブは?
A.Samurai Expoというイベントに行きました。代表者がどういった思いでそのサービスを始めるに至ったかといった話はとても興味深かったです。

Q. お仕事と関係のない今はまっているアプリ
A.「KPTer」というiOSアプリを最近リリースしまして(笑)。会社の振り返りでKPTを利用しているのですが、それをアプリ化してみました。家族や恋人の間でもコミュニケーションとしてKPTは有効だと思うので、より身近なツールとして、多くの人のコミュニケーションを解決していけたらと思います。

Q. 理想の男性像を教えてください
A.周りの人に思いやりをもってる人。自分なりの意見を持っていて、ディスカッションしてくれる人。わたしと一緒にサービス開発してくれる人。あんまり言いすぎると自分に返ってきそうなのでこのへんで(笑)。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top