熱々コーヒーを1分でアイスコーヒーに! 「Hyperchiller」が資金調達に成功 | RBB TODAY

熱々コーヒーを1分でアイスコーヒーに! 「Hyperchiller」が資金調達に成功

IT・デジタル その他

熱々コーヒーを1分でアイスコーヒーに! 「Hyperchiller」が資金調達に成功
  • 熱々コーヒーを1分でアイスコーヒーに! 「Hyperchiller」が資金調達に成功
  • 熱々コーヒーを1分でアイスコーヒーに! 「Hyperchiller」が資金調達に成功
  • 熱々コーヒーを1分でアイスコーヒーに! 「Hyperchiller」が資金調達に成功
  • 熱々コーヒーを1分でアイスコーヒーに! 「Hyperchiller」が資金調達に成功
  • 熱々コーヒーを1分でアイスコーヒーに! 「Hyperchiller」が資金調達に成功
  • 熱々コーヒーを1分でアイスコーヒーに! 「Hyperchiller」が資金調達に成功
  • 熱々コーヒーを1分でアイスコーヒーに! 「Hyperchiller」が資金調達に成功
 アイスコーヒーの美味しい季節がやってきた。これと時を同じくして、淹れたてのホットコーヒーを「濃厚さ」「香りの高さ」を維持したまま、アイスコーヒーにして楽しめる製品が発売されている。

 「Hyperchiller」(ハイパーチラー)は、淹れたて熱々のホットコーヒーを1分でアイスコーヒーに変えてくれる製品だ。アメリカのKickstarterで開発が決まり、すでに一般消費者にも販売が開始されている。日本では、実行者のアイディアに賛同する支援者を募集するプラットフォーム「Makuake」を通じて購入できる。

 製品の外観は、大手コーヒー店のタンブラーをすこし大きくしたようなイメージ。気になるその中身だが、内側・中間・外側の3層構造に分かれており、あらかじめ内側・外側に入れた水を凍らせておくことで、中間層に注いだ淹れたてのコーヒーが急速冷却できるという仕組みだ。

 淹れたてのコーヒーを急速冷却するので「濃厚さ」「香りの高さ」が維持される。冷却にかかる時間は最短で1分。余計なコストがかからず、また専用の氷を用意する必要もない。アイスコーヒー用の豆も不要で、いつもの豆が使える。来客時など、ホットコーヒーとアイスコーヒーを同時に出すこともできる。

 なお利用できる容量は、1回あたり370ml。2杯目は、効果が出るまでに2~3分かかるという。組み立てやすく、また分解して洗いやすい構造も特徴のひとつ。ただ、毎使用後に洗う必要はないとのこと。コーヒーだけでなく、白ワイン、焼酎、ウイスキー、フレッシュジュース、カルピスなどでも使用可能だという。

 Makuakeのサイトでは、「Hyperchiller 1個」4,485円コース(税込、以下同)、ペアセット「Hyperchiller 2個」7,774円コースのほか、家族・会社・店舗で利用できる「Hyperchiller 4個」14,352円コース、小売店向け「Hyperchiller 20個」65,780円コースなどが用意されている。
《近藤謙太郎》

関連ニュース

特集

page top