Android版「Twitter」がデザインを大幅刷新、さらに“スルスル”に | RBB TODAY

Android版「Twitter」がデザインを大幅刷新、さらに“スルスル”に

IT・デジタル モバイル

指一本で操作しやすくなったAndroid版「Twitter」
  • 指一本で操作しやすくなったAndroid版「Twitter」
  • “Androidならでは”のデザインに変更
 Android版「Twitter」アプリの最新版が、7日に公開された。今回のアップデートでは、デザインや操作方法が大幅に見直され、“Androidならでは”のデザインに変更されたという。

 新しいデザインでは、スクリーン上部のタブバーが変更。自分のアカウント名が最上部に表示されるとともに、やや右寄りだった、ボタン類が均等配置されるようになった。ツイートの閲覧を開始すると、アカウント名は自動的に隠れるようになっている。さかのぼれば、再度表示される形になっている。

 またタイムライン、通知、ニュース、ダイレクトメッセージのボタン類では、以前はタップにより表示内容を切り替えていたが、画面のスワイプ操作でも表示内容が切り替え可能になった。また設定のボタンはなくなり、左上のナビゲーションメニューから、プロフィール、ハイライト、リスト、設定などにアクセス可能となっている。

 ツイートボタンもフローティング形式に変更され、右下に表示されるようになった。これにより画面下のボタン欄は廃止された。

 全体的に、指一本でスルスルと滑らせるだけで、Twitterの全体を把握できるようなインターフェイスに刷新された形で、より使いやすくなっている。デザインのアプリはすでに日本でも利用可能。日本独自の「ニュース」タブも、スワイプ操作で切替可能となっている。
《赤坂薫》

関連ニュース

特集

page top