リフォーム需要にも対応する集合住宅用スマートドア | RBB TODAY

リフォーム需要にも対応する集合住宅用スマートドア

IT・デジタル セキュリティ

同製品の利用イメージ。玄関ドアのハンドル部分にIC内蔵のカードキーをかざすか、ポケットにキーを入れた状態でボタンを押すだけで解錠が可能になる(画像はプレスリリースより)
  • 同製品の利用イメージ。玄関ドアのハンドル部分にIC内蔵のカードキーをかざすか、ポケットにキーを入れた状態でボタンを押すだけで解錠が可能になる(画像はプレスリリースより)
  • カードキー、シールキーを近づけるだけの「ピタットKey」と、キーをポケットや鞄に入れたままボタンを押すだけの「ポケットKey」の2タイプとなっている(画像はプレスリリースより)
  • 配線工事が不要な電池式モデルを追加することで、リフォームでもスマートドアを採用可能になった。改修工事の場合、1日でスマートドアへ交換が可能(画像はプレスリリースより)
  • 集合住宅のエントランス部分の自動ドアの認証と同製品を連携させることも可能。セキュリティを維持したまま、よりスマートな利用ができる(画像はプレスリリースより)
 YKK APは30日、ハンドル一体型電気錠「スマートコントロールキー」を標準搭載した集合住宅用スマートドア「R's SDX」「EXIMA80St」の電池式モデルを7月より追加発売することを発表した。

 「R's SDX」と「EXIMA80St」は、様々なデザインや機能の中から好きなものを選んで設置することができる集合住宅向け玄関ドア。ただスマートドア(電気錠)モデルは配線工事を伴うこともあり、これまでは新築向けのみの販売となっていた。

 要望が多かった電池式モデルの追加販売を開始することで、配線工事などを含む電気工事が不要になり、リフォームユースでもスマートドアタイプを採用することが可能になる。

 ハンドルにICチップ内蔵のカードやシールを近づけるだけで施解錠できる「ピタットKey」と、リモコンキーをポケットや鞄に入れておけばハンドルのボタンを押すだけで施解錠できる「ポケットKey」の2種類があり、改修工事の場合は1日でスマートドアへ交換することができる。

 また、共用部システム「WAY PLUS」と連動することで、集合住宅のメインエントランスの自動ドアと各住戸の玄関ドアを1つのキーで解錠できるようにすることも可能だ。

 発売日は7月1日、価格は新築用が「ピタットKey」178,000円~、「ポケットKey」217,000円~。改修用が「ピタットKey」207,000円~、「ポケットKey」246,000円~(税別、現場搬入費・施工費等含まず)。初年度の目標受注金額は1億円としている。
《防犯システム取材班/鷹野弘》

関連ニュース

特集

page top