“スマホ連動型百貨店”が大阪に!CCC、「枚方 T-SITE」オープン | RBB TODAY

“スマホ連動型百貨店”が大阪に!CCC、「枚方 T-SITE」オープン

IT・デジタル その他

「枚方 T-SITE」の外観
  • 「枚方 T-SITE」の外観
  • CCCの増田社長
  • 「T-SITE Passport」のデモ
  • CCCの増田社長
  • CCCの増田社長
  • TONEの石田社長
  • 「T-SITE Passport」のデモ
  • 1Fの「TONE」コーナー
 TSUTAYAなどを運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)は16日、大阪・枚方に「枚方 T-SITE」をオープンした。オープンを控えた14日には、メディアおよび招待客を対象とした内覧会が開催された。

 「枚方 T-SITE」は、京阪電車・枚方市駅前の旧近鉄百貨店跡地に開店。地下1階から8階までに、TSUTAYAや蔦屋書店をはじめ、スターバックスなどカフェ、レストラン、アパレルショップ、銀行など、43のライフスタイルショップをそろえる。営業時間は7時~25時(各店舗により異なる)、不定休。同社にとって枚方市は、1983年の創業地でもある。複合型施設として展開する「T-SITE」としては、代官山(2011年)、湘南(2014年)に続き3店舗目で、今回が関西への初出店となる。

 内覧会当日にはプレスカンファレンスも実施。CCCの増田宗昭代表取締役社長兼CEO、トーンモバイルの石田宏樹代表取締役社長が登壇した。まず増田氏は「枚方 T-SITE」を枚方市駅前に出店する理由として、創業地であること、枚方市駅(乗降客数9.8万人/1日)が大阪と京都を結ぶ有数のベッドタウンであることなどを挙げた。しかしながら、このエリアは淀川によって分断されてしまうことで、なかなかビジネスを成功することが難しかったという。

 そこで今回CCCは、代官山や湘南で手がけてきたように、「モノを売るのではなく、“ライフスタイル”を売る」(増田氏)ことに焦点をあて、「枚方 T-SITE」も展開。増田氏は出店の狙いについて、「広域ではなく、半径2kmからお客様を呼びこむ。お年寄り、親子、働いている人に来ていただきたい。そして、日常生活、普段の生活を提案したい。なかでも食を中心にやっていく。また6~7Fの銀行では、資産を増やすことを提案していく」と説明した。

 また「日常生活」という点では、“モバイル、スマートフォン”とつなげていくことが重要であるとし、現在TSUTAYAが展開する格安スマホサービス「TONE」について触れた。二子玉川蔦屋家電の販売実績によると、今年のCM放映を機に、「TONE」が同店で同様に販売する大手3キャリア合計の3倍にものぼり、順調に事業が成長していることを強調。また契約者数の55%がガラケーからの乗り換えであったという。

 そうしたモバイル事業を展開している一環として、「枚方 T-SITE」では「スマホと、一体化した百貨店」(増田氏)をコンセプトに掲げているとし、オリジナルのスマホアプリ「T-SITE Passport」のリリースも発表した。

 続いて登壇したトーンモバイルの石田氏は、同アプリが会員証の代わりになり、クーポンの利用や決済(Tマネー)、バーコードスキャンで商品・作品レビューのチェック、レストランの予約(「枚方 T-SITE」内の店舗)、周辺駐車場の空き情報の確認などができると説明。「T-SITE Passport」を核として、出会いから購入までのライフスタイルをデザインできることが「枚方 T-SITE」の特徴であると述べた。まずは、「T-SITE」としては枚方が先行試験という形でスタートしていくという。(取材協力:トーンモバイル)

<フロア概要>
8F:MEAL TOGETHER ROOF TERRACE(イタリアン&カフェ)、恵比寿 京鼎樓(中華)、TSUMUGI by 梅の花(ジャパニーズ ヘルシーダイニング)
7F:りそな銀行
6F:三菱東京UFJ銀行
5F:蔦屋書店(書店※児童書)、英会話イーオン(英会話)、サラハウス(記念写真)、音(子ども服、レディース)、レ・キャトルサンク(子ども服、雑貨)、ボーネルンド ベビーストア(赤ちゃんのあそび場とあそび道具の店)、ボーネルンド トット・ガーデン(赤ちゃんのあそび場とあそび道具の店)、ennhut(催事)、伊織(催事)、MARLMARL(催事)、ZOOM(催事)
4F:毎日の暮らし市(マルシェ)、OGAWA COFFEE LiMiTED CAFE(カフェ)、caelum(アパレル)、交野カバン(アパレル)、yuino(靴下)、向井化粧品店(化粧品)、T-SITE COSME produced by @cosme(コスメ)、hair S.COEUR × Cu(ビューティーサロン)
3F:蔦屋書店 文具(書店)、スターバックスコーヒー(カフェ)、KANEKO OPTICAL(眼鏡)、T-TRAVEL(旅行)
2F:TSUTAYA(レンタル、販売)、T-SITE Apple Authorized Reseller(家電)、カメラのキタムラ(Apple製品修理)、農場ものがたりレストラン モクモク(レストラン)
1F:蔦屋書店(書店※料理)、カメラのキタムラ(写真プリントなど)、TONE(スマートフォンショップ)、スターバックスコーヒー(カフェ)、PALETAS(アイスキャンディー)、gram(パンケーキ)、錦一葉かふぇ(カフェ)、verde CHIOSCO(フラワーショップ)、フジマル食堂(ワインショップ&レストラン)、The Grounds Baker(ベーカリー)
B1:フードマーケット※2016年夏オープン
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top