iPhoneで格安SIMを使う!MVNOで料金シミュレーションしてみた<DMM&FREETEL編> | RBB TODAY

iPhoneで格安SIMを使う!MVNOで料金シミュレーションしてみた<DMM&FREETEL編>

IT・デジタル モバイル

iPhoneで格安SIMを使う!MVNOで料金シミュレーションしてみた<DMM&FREETEL編>
  • iPhoneで格安SIMを使う!MVNOで料金シミュレーションしてみた<DMM&FREETEL編>
  • DMMの料金プラン
  • DMMではSIMフリー端末も取り扱う
  • FREETELが扱うSIMの「使った分だけ安心プラン」の料金
  • FREETELでは、オリジナル端末も多く扱う
 これまで連続企画としてやってきた手持ちのiPhoneで格安SIMを使う方法。イオンモバイルとOCNモバイルONEのSIMを利用した場合のシミュレーションに続いて、今回はDMMモバイル、そしてFREETEL(フリーテル)の利用イメージを探ってみた。

■DMMモバイルの場合

 MVNO業界の中でも最安値水準のプランを揃え、「とにかく安くスマホを持ちたい」というユーザーのニーズにアピールしてきたDMMモバイルに乗り換えた場合はどうだろうか。こちらもNTTドコモの回線を使っている。LTE対応の音声通話付き高速データ通信プランを選択した場合、7GBで2,560円(税抜)だ。やはり通話料は別途20円/30秒がかかるため、月々20分の通話を利用した場合のシミュレーション料金はだいたい「3,300円前後」になるだろう。

 なおDMMモバイルの場合、料金プランを吟味する以前に注意すべきことがあり、今回のテストケースである「もともとソフトバンクで使っていた、SIMロックを解除したiPhone 6s」が、基本的にサポート対象外になっている。

 実際にSIMカードをさしてみたら使えてしまうのかもしれないが、一応公式にはNTTドコモのiPhone、またはもともとSIMフリー端末としてアップルが販売しているiPhone以外は、DMMモバイルの格安SIMサービスを選んで、万一不具合が生じた場合にも文句は言えない。そしていずれのiPhoneを使った場合でも、留守番電話やキャッチホンのサービスがオプションとしても用意されていないので注意したい。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top