苦戦するエンジニアの新卒採用、学生との交流会で認知度拡大へ | RBB TODAY

苦戦するエンジニアの新卒採用、学生との交流会で認知度拡大へ

ビジネス 人材・キャリア

交流会のようす
  • 交流会のようす
  • 交流会のようす
  • 交流会のようす
  • 交流会のようす
  • 交流会のようす
  • 交流会のようす
  • 交流会のようす
  • 交流会のようす
 4月10日、島根県松江市の「松江オープンソースラボ」でエンジニアを志望する学生を対象とした「しまねIT企業交流会」が開催された。当日は、地元の高校生や専門学校生、高等専門学校生、大学生たち36名が参加した。

 「しまねIT企業交流会」では、参加企業9社のエンジニアが自己紹介を交え自身の経歴や趣味、普段どういった業務を行っているのかをディスカッション形式で紹介。企業側のエンジニアが一方的に話すだけでなく、参加した生徒・学生からも「仕事のこだわりやは何ですか」「業務で使用しているプログラミング言語は何か」「これまでで最大の失敗は」など、積極的に質問が飛び交った。

 この日集まった9社は、すべて島根県外に本社を構える企業だ。島根県に開発拠点を設立し、1年経っていない企業もある。優秀な人材を求め進出したが、新卒採用には苦戦していると言う。

 主催者は、本イベントの開催にあたり「我々のような進出企業は、学生への認知度が圧倒的に足りない。一社では限界がある。まずは知ってもらう必要があった」と話す。

 参加学生へのアンケートによると、イベントに満足したという回答は9割を超え、「いろいろな企業の生の話を聞けて就活するうえで参考になった」「定期開催してほしい」「友人に勧めたい」といった前向きな意見が目立った。

 主催者によれば、「山陰地方では学生と企業の交流会は多くない」。「今回のイベントも2回、3回と続けていくことが大切。次はもっと多くの企業に参加してもらい、学生にとってもプラスになるイベントにできれば」と次回開催への抱負を語った。

◆しまねIT企業交流会
参加企業(50音順)
・イード
・エクスウェア
・オプティマ
・ソニックムーブ
・テラテクノロジー
・フェンリル
・フォックスリレーション
・ミラクルリナックス
・モンスターラボ

現役エンジニアと本音で交流、普段は聞けない「生」の声も

《山崎浩司》

関連ニュース

特集

page top