千鳥、タレント生命かけて地元・岡山を宣伝!? | RBB TODAY

千鳥、タレント生命かけて地元・岡山を宣伝!?

お笑い芸人の千鳥は19日、都内で行われた「復興を後押し!岡山県魅力発信プロジェクトPRイベント」に登場した。

エンタメ その他
千鳥【撮影:松本】
  • 千鳥【撮影:松本】
  • 大悟【撮影:松本】
  • ノブ【撮影:松本】
  • 千鳥【撮影:松本】
  • 千鳥【撮影:松本】
  • 千鳥【撮影:松本】
  • 千鳥【撮影:松本】
 お笑い芸人の千鳥は19日、都内で行われた「復興を後押し!岡山県魅力発信プロジェクトPRイベント」に登場した。

 大悟はキービジュアルにも使用されている女将さん風の女装姿で登場し、「そんなにね、違和感がないんですよ。」と語ると、ノブが「いや、あるわ!」と即座に突っ込んだ。大悟は「コントなどで面白い女装メイクはしたことがあるけどこんなにリアルなメイクは初めて。ちょっと姉に似てるかも。」と漏らした。

 ふたりは共に岡山県出身ということもあり、岡山県のの魅力を発信するPR大使に就任。ノブは「僕もSNSをやっているので映えスポットを載せていきたい」と語り、大悟は「もし失敗することがあれば『晴れの国大使』を辞めます!」と宣言。岡山県知事が「事実上のタレント生命をかけるとまで言って頂いて!……」と感動すると慌ててノブは、「いや、俺は続けるよ!」と焦っていた。

 イベントでは、千鳥のふたりが掲示された写真を見て大喜利形式で、岡山県の「SNS映えスポット」のハッシュタグを考案。日本三大奇祭としても有名なお祭り「西大寺会陽」の写真に対してノブは「#たまごっち残り1個か!」と回答し会場の笑いを誘っていた。

 最近岡山で人気が出てきているという「カキフライソフトクリーム」の写真を見て、思わずノブが「クセがすごいんじゃ!」とおなじみのツッコミをすると、大悟は「またそんな……終わりかけのギャグを……」とたしなめたが、ノブは「2019年も引き続きやりますよ!」と反抗する場面も。

 岡山県の魅力についてノブは、「映えスポットはもちろん、岡山では色んなイベントをやっています、そして僕たちも漫才をやっています。是非足を運んでください!」と語り、大悟は「今まであまり知られていなかったスポットについて僕たちも伝えていきたいですね。」と意気込みを語った。
《松本果歩》

関連ニュース

特集

page top