「中国語のメニューや看板を作りたい」「SNSで応対もしたい」さてどうする? | RBB TODAY

「中国語のメニューや看板を作りたい」「SNSで応対もしたい」さてどうする?

IT・デジタル その他

中国語メニュー作成が2万円/ページより可能
  • 中国語メニュー作成が2万円/ページより可能
  • 「銀聯カード使用可能」といった看板を、手軽に店先に掲出
  • オンラインチャットによる中国語対応も
  • 訪日中国人客数の推移
 ここ数年拡大が続いている、中国をはじめとする訪日外国人客(インバウンド)による需要。2015年の訪日中国人客はおよそ499万人と、その数は過去最高を記録したという。

 販売業・サービス業にとっては喜ばしい状況だが、一方で、中小の店舗などは、外国語対応が十分にできず、せっかくの盛り上がりを活かせていないケースもある。なかでも、まだまだ需要を見込める、中国からの来客は取りこぼしたくないところだ。商圏によっては、中国語メニューがあるだけでも、看板を掲示するだけでも、対応しておきたいという店主は多いだろう。

 これに対し、インロジックが4月1日より、訪日中国人客のインバウンド対策に特化した「中国語メニュー&看板制作サービス」を開始する。

 中国事情に精通した専門スタッフが、中国人消費者に好まれるデザインや言葉選びによる中国語メニュー制作サービスを提供。 あわせて、看板制作を行い、「店内に中国語メニューを用意しています」「WeChatによる質問を受け付けてます」「銀聯カード使用可能」といった内容を店先に掲出する。さらに、中国で普及している「WeCaht」「Weibo」「QQ」などのオンラインチャットによる対応を行う中国SNSカスタマー対応サービスを提供する。

 サービスは個別の申込も可能だが、4月30日までは、3つのサービス同時申込みで、SNS対応が1ヶ月無料になるキャンペーンも実施する。サービス料金はメニュー作成が2万円/ページより、看板制作(デザイン)が1万円より、中国SNSカスタマー対応サービスが月額5万円。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top