斎藤工のラジオ番組に「Drop’s」中野が出演---『無伴奏』主題歌 | RBB TODAY

斎藤工のラジオ番組に「Drop’s」中野が出演---『無伴奏』主題歌

エンタメ 映画・ドラマ

『無伴奏』(C)2015 「無伴奏」製作委員会
  • 『無伴奏』(C)2015 「無伴奏」製作委員会
  • 『無伴奏』主題歌歌う「Drop’s」
  • 『無伴奏』(C)2015 「無伴奏」製作委員会
  • 『無伴奏』(C)2015 「無伴奏」製作委員会
  • 『無伴奏』(C)2015 「無伴奏」製作委員会
  • 『無伴奏』(C)2015 「無伴奏」製作委員会
  • 『無伴奏』(C)2015 「無伴奏」製作委員会
  • 『無伴奏』(C)2015 「無伴奏」製作委員会
「恋」「無花果の森」などで数々の賞を受賞する作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を原作に、『三月のライオン』の矢崎仁司監督が手掛ける『無伴奏』。この度、本作に出演する斎藤工がDJを務めるラジオ番組「TAKUMIZM」にて主題歌を担当した「Drop’s」のボーカル&ギターの中野ミホが主題歌「どこかへ」を引っさげゲスト出演することが明らかになった。

1969年、日本中で学生たちが学生運動を起こす混沌とした時代。女子高校生の響子(成海璃子)は、同級生のレイコやジュリーとともに時代に流されて制服廃止闘争委員会を結成し、学園闘争を行っていた。レイコに連れられ、初めてクラシック音楽の流れる喫茶店「無伴奏」へ足を運ぶ響子。そこで偶然にも渉(池松壮亮)、祐之介(斎藤工)、エマ(遠藤新菜)と出会う。ある日、大学での集会で怪我をして自分の甘さを痛感し、学生運動から離れた響子は、逃げ込んだ「無伴奏」で、渉たちと再会。響子は、渉に逢うたびに強く惹かれていった。時に嫉妬や不安に駆られ、それでも熱い想いを渉に傾けていく。だが、いつしか見えない糸が絡み始め、どうすることもできない衝撃に包まれていく…。

主人公・響子役の成海璃子、響子がのめり込む恋の相手・渉役の池松壮亮、渉の友人・祐之介役の斎藤さんといった人気の俳優陣をメインキャストに、祐之介の恋人・高宮エマ役に遠藤さん、そのほか酒井波湖、仁村紗和、藤田朋子、光石研らが脇を固めている。異彩を放つ3人により危険で美しい秘密の恋が描かれる本作は、未来を変えるべく若者たちが声あげ高揚していた1969年~71年の仙台を舞台に、多感な恋に揺れ動く男女の姿を繊細かつ大胆に描く切なく耽美なラブストーリー。

そんな本作の主題歌を担当するのは、札幌在住の女子5人のロックバンド「Drop’s」。楽曲は矢崎監督から「たったひとりに向けてのラブソング」というオーダーのもと書き下ろされたという「どこかへ」。「もし世界中を敵にしてもかまわない」「もし今日目の前がまっくらでも味方するよ」など、何があっても揺るがない強い愛が歌詞に散りばめられている。また、歌・演奏ともに一発録りで行っており、まるで隣で歌っているかのようなボーカル中野さんの息遣いや、アコースティックからバンドサウンドになり盛り上がっていく様が感じられるほどに臨場感もあり、心に染み渡る楽曲となっている。本楽曲は、本日16日(水)より配信中だ。

主演の成海さんや池松さんは「映画の雰囲気と合っていて、とても感激しました」「素晴らしかったです。『無伴奏』という作品世界を底上げしてもらえたように思います」と絶賛の声を寄せており、また斎藤さんも「Drop’s」を気に入り、メンバーでボーカル・ギターの中野さんを、「bayfm」にて放送されている自身のラジオ番組「TAKUMIZM」にゲスト指名したという。その斎藤さんと「Drop’s」中野さんが対談する回は3月19日(土)に放送される。

『無伴奏』は3月26日(土)より新宿スネマカリテほか全国にて公開

斎藤工、自身のラジオ番組に『無伴奏』主題歌歌う「Drop’s」を指名!

《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top