東国原氏、ビートたけしから“クレーム”の真相 「番組の軽いドッキリか?」 | RBB TODAY

東国原氏、ビートたけしから“クレーム”の真相 「番組の軽いドッキリか?」

エンタメ その他

ビートたけし【写真:鶴見菜美子】
  • ビートたけし【写真:鶴見菜美子】
  • ビートたけし【写真:田中】
 元宮崎県知事で前衆院議員の東国原英夫氏が、4日のフジテレビ系「バイキング」生放送中にビートたけしからクレームが入った件について、その後の話を明かした。

 同番組では、たけしがお笑いのほかに映画やアートの分野など多岐にわたって活躍していることが話題に。先日行われたイベントで、様々な分野に手を広げる理由についてたけしが語った言葉が紹介された。

 たけしの弟子である東国原氏は、かつてたけしから「(明石家)さんまには笑いでは敵わない」などと聞かされた話や、出演イベントでは覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された清原和博容疑者をネタに「おれも清原からもらった」などと語った冗談話を挙げながら、たけしがいかに大物であるかということを語っていた。

 しかし番組が終盤に差し掛かった頃、突然、たけしのマネージャーからプロデューサー宛にクレームのメールが入った。たけしはこの放送を楽屋で観ていたらしく、東国原氏の発言に「東、適当なこと言いやがって」と文句を言っていることが明かされた。

 師匠からのクレームに、「いやいやいやいや! 師匠、言いましたよね!?」と大慌ての東国原氏だったが、放送後のTwitterでは、「今日の『バイキング』放送中に師匠からクレイムの電話?メール?が入った件。後で、担当マネージャーから連絡あって、師匠は全然怒ってはおらず、怒るどころか笑っていたらしい」と明かし、「あれは、番組の軽いドッキリか?」と疑った。
《花》

関連ニュース

特集

page top