フルヌード披露の村主章枝、恋人ゲットに意欲満々「今年こそは」 | RBB TODAY

フルヌード披露の村主章枝、恋人ゲットに意欲満々「今年こそは」

エンタメ その他

撮影:竹内
  • 撮影:竹内
  • 撮影:竹内
  • 撮影:竹内
  • 撮影:竹内
  • アンディ・チャオ/村主章枝写真集『月光』講談社
  • アンディ・チャオ/村主章枝写真集『月光』講談社
  • アンディ・チャオ/村主章枝写真集『月光』講談社
  • アンディ・チャオ/村主章枝写真集『月光』講談社
 元フィギュアスケート選手で振付師の村主章枝が13日、都内にて初のフルヌード写真集「月光」の発売記念会見を開催。フルヌード撮影に至った経緯を明かし、パートナー探しに意欲を燃やした。

 同写真集の撮影は、昨年11月14日・15日の68年ぶりにやって来たスーパームーンの日に行われた。フリープログラム用に編曲した4分間の「月光」を三宅島の波打ち際で流し、フィギュアスケートの競技会の際と同じ演技で踊った。

 大勢の報道陣に迎えられ、カメラのフラッシュを大量に浴びながら登壇した村主。写真集刊行について、「こういうチャレンジができて本当によかったです」と笑顔を見せた。「もう、びっくりです。オリンピックには2回出ましたが、私はメダルを取った選手ではありませんので、こういうチャンスを頂いたことが有難かったです」と述懐。

 一糸まとわぬ姿で撮影を行ったことについては、「最初から『脱いだ写真を撮る』という企画ではありませんでした」と告白。「ただ、初めてのチャレンジなので、色々なものにチャレンジして撮ってみようということでした。その中に、“脱いでいる写真”がありました」と撮影のコンセプトを紹介。シースルードレスやフルヌードでの撮影については、「でも、スケート(の衣装)も1枚ですからね、着ているものは。スケートの衣装と変わらないです(笑)」と軽快なトークを披露し、笑いを誘った。

 ただ、話題が沸騰していることに関しては、「これほどまでになるとは思わなかったのですね」と心境を打ち明けた。現在、年の半分をカナダで暮らしているという村主は、「海外のアーティストさんですと、“感慨深く脱ぐ”ということがあまりないので、あまり抵抗がなくて…。『こんなに話題になるくらいなのだ、ヌードになるって』という印象です」と戸惑いを持っていることも明かした。

 完成した写真集には「実は、女性が見て美しいと思って頂けるような写真を全部選んでいるのです」と告げ、「女性の方、特に同じ世代の方とかに見て頂けたらと思います」と目を輝かせた。自身のヌードについては「意外とこう見えて照れ屋なので、あまり、しっかりとは見れないです(笑)」。点数を質問されると、「(100点満点で)「120点、200点、……本当に100点越えです。金メダルです!」と笑顔を弾けさせた。

 バレンタインデーに本命チョコをプレゼントしたい男性は「今のところはいないのです」。続けて、「色々な番組で、私が18年間彼氏がいなくて、お見合いをさせて頂いたり、デートをさせて頂いたり、一生懸命みんなに助けられていますので、今年こそは、真剣にパートナーを見つけられるように、頑張りたいです」とパートナー探しに意欲を燃やした。「アスリートなので焦ってきています。2020年まであと4年しかなくて。自分も2020年に40歳になるのですが、『あとワンクールしかない!』、『あと4年しかない!』、『どうしよう?』と(笑)」と話題を膨らせ、会場に笑いを巻き起こした。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top