マツコ、“オネエブーム”を振り返り「ごめんねと思ってやってた」 | RBB TODAY

マツコ、“オネエブーム”を振り返り「ごめんねと思ってやってた」

エンタメ その他

マツコ・デラックス【写真:田中】
  • マツコ・デラックス【写真:田中】
  • マツコ・デラックス【写真:鶴見菜美子】
  • マツコ・デラックス【写真:鶴見菜美子】
 24日放送の「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)に出演した女装家でタレントのマツコ・デラックスが、“オネエブーム”に批判的なゲイの人々に対し「こんな化け物ばかりテレビに出て誤解させた」と謝意を示すシーンがあった。

 番組ではラガーマンの大学生がショッピングの際店員から「旬なスポーツをやっている」と言われたことに対し、話題になる前からやっているから“旬”と言われるのは不本意だという投稿を紹介。

 マツコは「流行りに乗るのが好きな人もいる。そういう人を責めたらなにもかも終わる」と“にわかファン”がいてこそスポーツが発展していくとコメント。有吉弘行もブームを繰り返して「ちょっとずつファンが増えていく」と“旬”発言を擁護。

 「芸人も人気が出ると“旬”と言われる」と有吉が言うと、マツコも「オカマブームみたいのあったじゃない」とミッツ・マングローブや、KABA.ちゃんをはじめ、IKKO、はるな愛、クリス松村など“オネエ”タレントが持て囃された時期があったと話し出した。

 マツコは当時を「オカマブームという言い方をすごくされた」と振り返り「ブームでやってるつもりはないけど、面白いと思ってもらえてるのはありがたい」と考えていたと思い起こしていた。

 そのうえで「あんな化け物みたいのがテレビに出て、あれがゲイと思われるのは不本意だって人もいっぱいいたはず」と自分たちに対し批判的な声があったことも匂わせ「ごめんねと思ってやってた。迷惑かけようと思ったわけじゃない」と、一般のゲイの人々に謝意を示していた。
《笠緒》

関連ニュース

特集

page top