SMAPは結局何が言いたかったの? 空中分解危機も"グループ存続”の明言なく… | RBB TODAY

SMAPは結局何が言いたかったの? 空中分解危機も"グループ存続”の明言なく…

エンタメ その他

 解散騒動渦中にあるSMAPが生放送でコメントしたが、グループ存続について明言しなかったことからファンの間に不安が広がっていることを受け、TOKIOの国分太一が、「まだ語れない部分も沢山ある」とフォローした。

 18日のフジテレビ系「SMAP×SMAP」は冒頭の一部が急きょ生放送に切り替えられ、SMAPのメンバー5人が黒いスーツ姿で生出演。神妙な面持ちで騒動を謝罪した。

 木村拓哉は、グループが「空中分解」の危機にあったことを明かし、草なぎ剛は、木村の仲介によってジャニー喜多川社長に謝罪したことで、再び5人が集まることができたと明かした。

 報道されている通り、グループが解散危機にあったことは事実のようだが、今回の生放送では、その危機が回避されたのか、ということについて誰も明言せず。木村は「これから自分たちは何があっても前をみて、ただ前を見て前に進みたいと思います」と語ったが、事務所退社も含めて、今後の活動についてなど、具体的なことは語られなかった。

 この生放送を受けて、まだ安心できないとするファンが多数居ることに、国分は自身がMCを務める19日生放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」で、「賛否、色々あると思います。この会見を見て『なんだったの?』『何が言いたかったの?』っていう声もあるとは思います」とコメントした。

 自身も「『良かったですね』とは、正直言えない部分も感じました」という。「本当はSMAPの感情が一番聞きたいところですけど、まだ語れない部分も沢山あるんじゃないかな」と先輩グループをおもんばかり、それでも「SMAP全員が今の思いを語るというのは、間違いなく光が見えているんじゃないかな」と前向きに語った。
《花》

関連ニュース

特集

page top