【2016年 年頭所感】SAPジャパン、東芝 インダストリアルICTソリューション | RBB TODAY

【2016年 年頭所感】SAPジャパン、東芝 インダストリアルICTソリューション

エンタープライズ 企業

SAPジャパンのホームページ
  • SAPジャパンのホームページ
  • 東芝 インダストリアルICTソリューションのホームページ
 SAPジャパン、東芝 インダストリアルICTソリューションの各社首脳が2016年の抱負を述べた「年頭所感」を紹介する(以下抜粋、順不同)。

■SAPジャパン(代表取締役社長 福田譲氏)

 2015年は、SAP HANAが始動から5周年を迎えました。SAP HANAは、当初のインメモリデータベース機能に加え、ERPによるトランザクションとIoTなどのビッグデータ分析・予測が一つの基盤で実現できるイノベーションプラットフォームへと進化してきました。

 そしてSAP HANA上で最適化し23年ぶりにアーキテクチャを刷新した第4世代のERPとして、次世代ビジネススイートSAP S/4HANAを発表しました。このSAP S/4HANAと、M&Aにより統合したクラウドソリューション(SuccessFactors、Ariba、hybris、Concur)をリアルタイムにつなぎ、ヒト、モノ、コト、ビジネスのデジタル変革を支援する枠組みが完成しました。

 また、IoTを活用しお客様やパートナーとともに第4次産業革命を推進する専任の共同研究開発施設「SAP Industry 4.0 Co-Innovation Center powered by Co-Innovation Center(COIL)Tokyo」およびチーム「IoT/IR4(Internet of Things / Fourth Industrial Revolution)」を立ち上げ、日本の将来にわたる成長に寄与する体制を整えました。さらには、世界に先駆けて公益企業におけるデジタル化を推進するため、「ユーティリティ・デジタルトランスフォーメーション・オフィス」を設立しました。

 SAPは今、デジタルエコノミー時代の新たな事業価値の創出に向け、水平分業でオープンイノベーションを育むビジネスモデルを追求しています。お客様が10年後、20年後も成長しながら使い続けられる未来予測型のシステム、サービスを開発しています。2016年は、このSAP哲学を貫き、徹底的な顧客視点でIT主導のイノベーション実現、ビジネスバリューの提供に注力します。

《高木啓》

関連ニュース

特集

page top