SAPジャパンと日本MS、クラウド分野で協業……「SAP on Azure」を正式サポート | RBB TODAY

SAPジャパンと日本MS、クラウド分野で協業……「SAP on Azure」を正式サポート

 SAPジャパンと日本マイクロソフトは23日、クラウド分野で協業することを発表した。SAP ERP製品のMicrosoft Azure上での稼働を正式サポートする。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
Azure上でのSAPアプリケーション正式サポートに関する詳細ページ
  • Azure上でのSAPアプリケーション正式サポートに関する詳細ページ
  • 対応するSAP製品
 SAPジャパンと日本マイクロソフトは23日、クラウド分野で協業することを発表した。SAP ERP製品のMicrosoft Azure上での稼働を正式サポートする。

 両社は、SAP Business Suite、SAP Business All-In-Oneソリューション、SAP Mobile Platform、SAP Adaptive Server Enterprise(SAP ASE)、Azure対応SAP HANAプラットフォームの開発者向けエディションについて、サポートを開始。「SAP Cloud Appliance Libraryツール」を使用することで、構成済みの多数のSAPソリューションについて、Azureへの直接の展開・プロビジョニングが可能となっている。

 アビームコンサルティング、SCSK、NTTデータグローバルソリューションズ、電通国際情報サービス、東洋ビジネスエンジニアリング、日本電気、日立製作所、富士通、リアルテックジャパンの国内システムインテグレーター パートナー9社が、Azure上でのSAP導入・構築・運用のサービス提供を開始する。

 また東日本と西日本に開設したAzure日本データセンター上へSAPアプリケーションをマイグレーションできるよう、技術検証、各種ドキュメントを整備する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top