東西で人気に差、10代が利用する動画SNSは? | RBB TODAY

東西で人気に差、10代が利用する動画SNSは?

ブロードバンド ウェブ

10代が利用しているSNS(n=533)
  • 10代が利用しているSNS(n=533)
  • 10代が利用しているSNS・地域別(n=533)
  • 10代が利用しているSNS・年齢別(n=533)
 ジャストシステムは2日、「10代限定! SNS利用実態調査」の結果を発表した。調査期間は11月17日~23日で、同社のアンケートサービス「Fastask」を利用する、15~19歳の男女551名から回答を得た。

 それによると、スマホユーザー(533人が現在利用しているSNSは、「LINE」93.8%がトップ。以下「Twitter」74.9%、「Facebook」37.5%、「Instagram」34.0%が続く。動画の投稿機能に注力している、いわゆる“動画SNS”は「Vine」12.2%、「MixChannel(ミクチャ)」11.1%が利用していた。

 東西別で動画SNSについてみると、「Vine」は、東日本の利用率12.9%・西日本10.8%だったのに対し、「MixChannel」は、東日本9.2%・西日本14.6%と東西差がある。特に女性の「MixChannel」利用状況は東西差が顕著で、東日本15.0%・西日本25.3%と、10ポイント以上の差があった。

 また年齢別で動画SNSについてみると、「MixChannel」利用割合は、中学1年生16.7%、中学2年生11.8%、中学3年生30.0%、高校1年生15.2%、高校2年生15.5%といずれも2桁だが、高校3年生になると6.3%に減少。大学生・短期大学生、社会人も1桁台で推移している(各6.9%、7.7%)。受験や就職活動などが「MixChannel」を止めるタイミングになっていると推測される。

 なお、「MixChannel」に興味をもつジャンルを聞いたところ40.7%が「ヘアメイク」が突出しており、「LINE」15.4%、「Twitter」17.3%、「Instagram」24.9%などより非常に高い数値を示した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top