【地域防犯の取り組み】長久手市、高齢者宅へのセンサーライトの取り付けを支援 | RBB TODAY

【地域防犯の取り組み】長久手市、高齢者宅へのセンサーライトの取り付けを支援

エンタープライズ セキュリティ

長久手市では、今高齢者向けの防犯対策の他にも徘徊高齢者等家族支援や家具転倒防止事業など様々な高齢者福祉サービスを行っている(画像は公式Webサイトより)
  • 長久手市では、今高齢者向けの防犯対策の他にも徘徊高齢者等家族支援や家具転倒防止事業など様々な高齢者福祉サービスを行っている(画像は公式Webサイトより)
  • 一般的に犯罪企図者は、犯行が発覚しづらい暗い場所を選ぶと言われているため、今回の取り組みは一定の効果が期待できるだろう(画像はイメージ/撮影:防犯システム取材班)
 空き巣などの侵入者対策として近年需要が高まっているセンサーライト。光による直接的な効果だけでなく、防犯意識が高いということを知らせることで狙われにくくなる効果もあるという。

 愛知県長久手市では高齢者防犯対策事業として、65歳以上のひとり暮らしまたは後期高齢者(満75歳以上)のみの世帯を対象に、防犯用センサーライトの取り付け支援を行うことを発表した。

 申請書及び確約書に必要事項を記入し、市の福祉部長寿課に提出することで玄関前などにセンサーライトを取り付けることが可能。同一世帯につき1個を1回に限り、1割相当の個人負担額で設置できる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top