Apple WatchとiPhoneアプリで、不整脈・脳梗塞を発見……慶應大が研究開始 | RBB TODAY

Apple WatchとiPhoneアプリで、不整脈・脳梗塞を発見……慶應大が研究開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

アプリ画面イメージ
  • アプリ画面イメージ
  • アプリ画面イメージ
  • アプリ画面イメージ
  • Apple Watch
 慶應義塾大学(医学部内科学教室福田恵一教授、高月誠司准教授ら)は25日、iPhoneを用いた臨床研究を開始したことを発表した。Apple WatchとiPhoneアプリを活用するもので、国内では初の試みだという。

 Apple社によるバイタルデータ管理機能「Research Kit」を活用したアプリ「Heart & Brain」を、木村雄弘特任助教が開発。Apple Watchで心拍数、歩数、運動量などのヘルスケアデータを収集・解析することで、病気早期発見の可能性を検討するという。iPhoneに内蔵されたセンサーを駆使した運動評価なども行う。あわせて、不整脈や脳梗塞に関する問診を行い、不整脈・脳梗塞を早期に発見するとのこと。

 アプリには、質問票や、Apple Watchが記録した心拍数などのヘルスケアデータ収集、搭載センサーを利用した脳梗塞診断につながる可能性のある運動評価検査、動悸手帳など一式が含まれる。

 従来の医学研究と異なり、協力者が病院や研究所に出向いて参加する必要が無く、iPhoneを使ったデータ収集が可能な点がメリットだという。今後は、大規模な臨床研究を実施し、各種データを蓄積、効率的な医学情報構築を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top