タブレットのTV電話でリアルタイム通訳、凸版印刷がサービス開始 | RBB TODAY

タブレットのTV電話でリアルタイム通訳、凸版印刷がサービス開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Face touch me !」の利用イメージ(C)Toppan Printing Co., Ltd.
  • 「Face touch me !」の利用イメージ(C)Toppan Printing Co., Ltd.
  • 「凸版印刷」サイト
 凸版印刷は15日、タブレット端末のTV電話機能を活用したリアルタイム通訳サービスを発表した。10月中旬より本格的に提供を開始する。

 iPhone/iPad/iPad miniに搭載されたTV電話を用い、日本語を英語・中国語・韓国語へリアルタイムに通訳するサービスとなる。TV映像を通して通訳するため、現場の状況把握が容易な上、複数人との同時会話も可能。手話にも対応できるとのこと。サービス利用には専用アプリを用い、言語を選択して起動すると、すぐにネイティブな通訳スタッフとのTV電話がスタートする。

 プログレストが開発したリアルタイム通訳サービス「Face touch me !(フェイス・タッチ・ミー)」を利用しており、凸版印刷は代理店契約を締結済みとのこと。すでに関西国際空港の国際線ロビーや免税店において、訪日外国人客への対応サービス向上ツールとして採用されているという。

 価格は年間プランが月額利用料2万9,000円、短期プランが10日間1万5,000円より(タブレットなどの端末、インターネット接続環境は別途)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top