水卜麻美アナ、名字「水卜」への悩みと愛着 「いつか名字は変わる(予定...)」 | RBB TODAY

水卜麻美アナ、名字「水卜」への悩みと愛着 「いつか名字は変わる(予定...)」

 日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、珍しい自身の名字に対する複雑な思いを明かした。

エンタメ ブログ
 日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、珍しい自身の名字に対する複雑な思いを明かした。

 同アナの名字は「水卜」と書いて「みうら」と読むが、24日に更新したブログで、「これまで、初見で『みうら』と読んでもらえたことは、ほとんどありません。みと、みずと、一番近くてみずうら...」と明かした水卜アナ。パソコン入力でなかなか一発変換されなかったり、入力する際には「水」と入力した後に、「卜部(うらべ)」などと入力して「部」を消すといった面倒な作業が必要だとして、「いわゆる珍名には、いろいろな悩みがあります」とつづった。

 さらに学生時代には新学期に担任の先生を必ず困らせたり、印鑑も特注だったり、アナウンサーになってからも「この仕事をはじめると、今度は番組の最初にでる名前のテロップに、読み仮名をふってもらわなくてはなりません」と、珍しい名字ゆえの困り事を羅列した。

 それでも「先祖代々受け継がれてきたこの名字ですから、大切で、大好きです」と、名字への愛着を明かした水卜アナ。また、誤読から「みと」と呼ばれたあだ名が今では自分の本名のように周知され、番組の共演者や、会社内、視聴者からも「みとちゃん」と気がれるに呼ばれるようになったことに「この名字に感謝です」とした。

 そんな自身の名字に「いつか名字は変わる(予定...)けれど」と、将来の結婚に思いを馳せるとともに、「ずっと大切にしよう」とつづった。
《花》

関連ニュース

特集

page top