松嶋尚美、北斗晶への特別な思いを告白「この気持が届くといいなぁ」 | RBB TODAY

松嶋尚美、北斗晶への特別な思いを告白「この気持が届くといいなぁ」

エンタメ ブログ

 タレントの松嶋尚美が、乳がんを患い右乳房の全摘出手術を受けて闘病中のタレント北斗晶へ応援のメッセージとともに、女子プロレスファンだった過去を明かして北斗への特別な思いを告白した。

 松嶋は24日、「北斗晶さんにこの気持ちが届くといいなぁ」と題したブログを更新。「中学のとき、どっぷりと女子プロレスのファンをしていました! コネで、女子プロレスの方の移動バスに乗れたお友達を妬んだこともあるくらい」と自身の女子プロレスファンだった過去を明かし、「正直に告白すると、北斗晶さんは緊張しました!ド緊張レベルで!」と大ファンだったからこその秘話を告白。しかし、「いつもニコニコ優しく『松嶋ちゃん!』って話し掛けてくださって」と、実際に北斗と一緒に仕事をして人の良さに感動したと語った。

 現在レギュラー出演している日本テレビ系「スッキリ!」の生放送中、まさに北斗のことが取り上げられた時、「病気と闘っている方に『頑張ってください』はNGワードだと聞いたことがある」との考えがよぎり、頑張ってくださいと言いたくても言えなかったとのこと。「でも、やっぱり…がんばってください!!!」とあらためて強くエールを送った。

 また、今回の件を受けて「2人で色々きちんと検査しよう!」と夫婦で真剣に話したそう。「検査が苦手な私の心を動かせてくれてありがとうございます」と感謝しつつ、「北斗さん、また一緒にお仕事したいです!! 手術が大成功しますように…」と願って結んだ。
《花》

関連ニュース

特集

page top