【はじめての格安スマホ】端末の種類が豊富!直営店も拡大中の「楽天モバイル」とは? 3ページ目 | RBB TODAY

【はじめての格安スマホ】端末の種類が豊富!直営店も拡大中の「楽天モバイル」とは?

ブロードバンド その他
昨年後半にサービスを始めた楽天モバイルのMVNOサービスに迫る
  • 昨年後半にサービスを始めた楽天モバイルのMVNOサービスに迫る
  • 二子玉川ライズ・ショッピングセンターに今年4月にオープンした「楽天カフェ」
  • 店内のカフェでくつろぎながら過ごせる
  • 取り扱い中のモバイル端末が一堂に揃う
  • ファーウェイのhonor6
  • タブレットは3種類を取り扱っている
■「楽天」ならではの強みを活かしたサービスに期待

 楽天モバイルの特徴は、やはり何と言っても端末の豊富な品揃えや、楽天ポイントと連携して格安スマホのサービスがさらにお得に使える点にほかならない。現在、楽天ポイントを通話料とすることができないが、ぜひ今後実現を検討してもらいたいところだ。

 同社では今後も顧客のニーズにマッチする新端末も積極的にラインナップへ加えていく考えだ。Huaweiの「honor6」のように、楽天モバイルだけで手に入れられる端末が今後増えてくれば注目もさらに広がるだろう。

 直販店が行う業務は主に予約を含む販売のみであるが、実際に楽天カフェでは購入前の買い物相談や、購入後の使い方相談に訪れるユーザーの対応も臨機応変に対応しているという。

 特にMVNOや格安スマホについては昨今注目度が高いため、メディアを通じて多くの情報を得ることもできるが、実際に購入するとなった段階ではやはり店舗で実機に触れて、スタッフのアドバイスを得ることができれば満足の行く買い物ができるようになるというものだ。

 リアルの店舗を持つことは言うまでもなくリスクを伴うチャレンジだが、顧客との接点になる店舗の拡張にも積極的に取り組む楽天モバイルの姿勢は好感が持てる。二子玉川の楽天カフェの明るい雰囲気からも、楽天モバイルがいま伸び盛りであることが感じられた。

 なお次回は、楽天モバイルが取り扱う端末のハンドリングレビューをお届けしたい。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top