【地域防犯の取り組み】北九州市が「1万人の防犯パトロール大作戦」を25日に実施 | RBB TODAY

【地域防犯の取り組み】北九州市が「1万人の防犯パトロール大作戦」を25日に実施

エンタープライズ セキュリティ

パトロールは1時間程度を予定。天候の関係で中止となる場合、当日10時以降に北九州市ホームページまたは北九州市コールセンターにて告知する(画像は公式Webサイトより)
  • パトロールは1時間程度を予定。天候の関係で中止となる場合、当日10時以降に北九州市ホームページまたは北九州市コールセンターにて告知する(画像は公式Webサイトより)
  • 市の担当者によると当初は1万人を目標としていたが、昨年の開催では1万2千人という想像を超える盛況ぶりだったという。今年もより多くの参加者を募っている(画像は公式Webサイトより)
 地域の防犯を高めていくには、防犯カメラなどの防犯システムの導入も大切だが、同時に住民による防犯パトロールでの「人の目」や「声かけ」を増やすことも大切になってくる。

 そうした防犯パトロールを、住民が積極的に参加できる形にして取り組んでいるのが、福岡県北九州市の「1万人の防犯パトロール大作戦」だ。

 このたび「1万人の防犯パトロール大作戦」を25日に実施するにあたり、現在、北九州市では、その参加者を募っている。

 「1万人の防犯パトロール大作戦」自体は、2014年からはじまった取り組みで、前回の参加者は1万2千人以上。これだけ多くの人が参加する防犯パトロールは他に類がなく、将来的にはギネス記録への申請も視野にいれているという。

 そもそもこの取り組みの根幹には、「北九州市安全・安心条例」があり、そこには「安全・安心を実感することができるまちを実現し、安全・安心なまちづくりを次の世代に継承すること」を理念として掲げている。

 その活動の一つとして、北九州市では地域住民による自主防犯組織「生活安全パトロール隊」を発足。その活動を拡大して、同日・同時間帯に市内各地で一斉にパトロールを行うのが、「1万人の防犯パトロール大作戦」となるのだ。

 本活動はこれまで地域活動に参加したことがない市民や事業者等、より多くの人々に参加を呼びかけ活動を知ってもらうことで、地域との交流が促進され、自主防犯活動がより活発になることを期待したもの。

 開催日時は9月25日、集合時間は19時30分、パトロール開始は20時00分。集合場所は各校区の市民センター・公民館など。申込受付期間は9月11日まで、インターネットまたは電話・FAXにて受け付けている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top