DAIGO、24時間マラソン走り終え感無量 「本当に走れたんだなあ」 | RBB TODAY

DAIGO、24時間マラソン走り終え感無量 「本当に走れたんだなあ」

エンタメ ブログ

 歌手のDAIGOが、見事完走した24時間マラソンを振り返り、感無量の思いをつづった。

 22日~23日に生放送された日本テレビ系「24時間テレビ38 愛は地球を救う」のチャリティーマラソンランナーとして100キロを完走したDAIGO。25日に更新したブログで、「100キロマラソンを終え 特番も終えて いま凄く達成感を感じています。本当に走れたんだなあって」と、しみじみとつづった。

 ランナーに指名され、走ると決意した時から本番直前まで「いつも不安がつきまとっていた」という。しかし多くの人の思いが込められたタスキに走る力を与えられ、さらにエールを送ってくれた共演者やバンドメンバー、そして応援してくれたファンや家族に対し、「本当に力強かったです」として「おれのことを応援してくれた全てのみなさんと繋がって 想いが繋がって走りきることができました。本当にありがとうございました!」と感謝した。

 ゴールの日本武道館についてからはこみ上げる涙を抑えられなかったDAIGO。「人間諦めないで 一歩づつでも前に進むことが大事なんだって 改めて教えられました!本当にありがとうございました。これからもDAIGO 新たなスタートを切ってがんばります!」と前向きな気持をつづった。
《花》

関連ニュース

特集

page top